ユダヤ人の聖典は『旧約聖書』のみ

聖書は大きく分けると2種類あり、ヘブライ語で書かれた『旧約聖書』と、ギリシャ語で書かれた『新約聖書』に分かれていることは広く知られています。

しかし、ユダヤ人にとっては『旧約聖書』だけが唯一の聖典であり、彼らは『新約聖書』を聖書とは呼びません。

ちなみに、イエス・キリストが用いたものは『旧約聖書』です。

『旧約聖書』は1000年以上に渡り書かれており、書かれた時期や作者をハッキリと特定できません。

もっと古いものは紀元前150年頃に書かれたと推測されています。

聖書は、「律法書」・「預言書」そして、「詩篇」や「歴代誌」を含む「諸書」に分かれています。

これは、紀元90年頃、イスラム人学者がパレスチナ地方のヤムニアの地に集まり、聖書聖典決定会議を開き、ヘブライ語39書を集めたものを『旧約聖書』と定めたことに由来しています。