波動の力

2019-05-13

1年前、『波動』の概念を
八田氏から教えてもらい、

愚直に実践した結果として、
自身の人生が良い方向に
劇的に変わった。

今日はそれをシェアしたいと思います。

↓(以下、八田さんの引用)
===

自分の欲しいモノが何でも手に入るとしたら…
あなたは、どのように感じますか?

もしあなたが、
この現実(物理世界)の創造者だとしたら・・・

実は、今あなたの目の前で起こっていることは、
全てあなた自身が表現した現象なのです。

あなたの意識を、この物理世界で現したものが
「現実」なのです。

それがあなたの表面意識(顕在意識)によるものか、
潜在意識によるものかは別として、
あなたが見て感じていることは、
全てあなた自身の意識を原因として
現したものに他なりません。

この物理世界の現象は、
意識という原因による、
結果の世界なのです。

この宇宙に存在する法則があり、
それは、あなたの与えるものが、
あなたの受け取るものなのです。

あなたが喜びを与えると、
あなたに喜びをもたらし、
不安や心配があれば、
それは現実に不安や心配事を
引きつけるのです。

当然、あなたに自信が無ければ、
そのあなたの自信のなさが、
やはりダメだったという現実を生み出すのです。

人は見たものを信じて、体験したことを確信します。
そしてその体験は、自分の確信が生み出した経験なのです。

実際に量子物理学では、観察者と観察物は
分けることができないと
いうこと
がわかっています。

見る側と、見られる側が一体を成しているのです。

何かを観察しようとする時、
非観察物は観察者の影響を受けるということです。

この宇宙に存在するあらゆるモノは波動(振動)です。
モノの違いは、波長・波形・周波数により起こります。

人の違いも勿論、この波の違いなのです。
肉体の違いや性格の違いもそうです。

素粒子の違い、原子の違いもそうです。
感情、出来事、時間、空間もそうなのです。

なぜフィラデルフィア実験では、エルドリッジ号の船体と
乗組員が融合(合体)してしまったのでしょうか?

それは、船体も人の身体も「振動」だからです。

これら「波」の性質は共鳴しますから、
よく似た波形は特に共鳴するのです。

以前に、音叉(おんさ)の話を
八田氏の音声セミナーで教えて貰いました。

内容は、2つの音叉を向きあわせて、
片方を鳴らすと、もう一つも鳴り出すということです。

ギターも同じで、二つのギターを向かい合わせて、
片方を鳴らすと、ならさなかった方のギターも鳴り出します。
これが共鳴現象というものです。

あなたの思いも、その正体は「振動」ですから、
あなたが一番強く思ったものと同じ現実が、
あなたの空間に現れ始めるというわけです。

これは、最も単純な物理現象ですが、
なぜこんな単純な論理が人々に理解できないのか?

というと、それは多くの人は見たものしか信じないからです。

人というのは、なかなか目に見えないものを
信じようとはしません。

人は自分の肉体…皮膚をいつも見ています。
しかし、自分たちの目では、
それを振動として捉えることができません。

この感覚が自分という意識と他を分離させているのです。
そして自分は、個体であると勘違いしてしまっているのです。

異次元からこの物理世界を見れば、
あなたの信じたものをあなたは見ている、
というのが事実なのです。

例えば、商売をしている人なら
「今月も売上が少なかったらどうしよう?」と
思っている方も多いかと思いますが、

この危惧の波動が本当に売上が足りなくなる
という現実になってしまうのです。

そしてその現実を見て、不安な自分を確信します。

「競争社会では、うかうかしてはいられない」
「努力しないと豊かになれない」

上司は部下に… 親は子供に…
この間違った認識を伝えることになります。

そして、それが広めてしまったというわけです。

自分が信じたものを自分が見れるようになる…
これがどれだけ素晴らしいことでしょうか。

多くの人はこれまでに、欲しいものを手に入れるために、
どれだけ多くの他人を動かそうとしたでしょう。

手に入れたい状況を生み出す為に
人を動かす必要もなければ、
お金が必要なわけでもないということです。

自分にできないことなどない、
制限や限界などない…

全ての現実を作り出しているのは
自分だということを知ることで、

誰でも素晴らしい現実を自らの手で
生み出すことができるというわけです。

人の手を借りることもなく、誰かを傷つけることもなく…

そしてこの無限の力は特別な人にしか
備わってないという性質のものではありません。

全ての人に平等に初めから備わっているのです。
そのことに気付く旅が「人生」というわけです。

(引用終わり)
===

この概念を知るまで、
自分は目に見えるものしか信じていなかった。
本当にどうしようも無い人間だった。

でも全ての現実を作り出しているのは
自分だということを知り、自分の限界を決めず、
ただ愚直に八田さんの言われる通り、

1日1日を大事に、365日、己に負けることなく
継続して学習と行動をやりきった。

そして今、自分の欲しいモノが手に入った。
収入も劇的にUPした。
家族も幸せにできた。

『継続は力なり』
この言葉の意味を改めて痛感する。

世の中、継続できない人が多いが、
途中でやめてしまうぐらいなら、
最初からやらないほうがマシだ。

途中でやめてしまったのは自分なのに、
誰かの責任にして自分を擁護するのは論外。

誰でも素晴らしい現実を自らの手で
生み出すことができるというのに、
自分で放棄するのは勿体無い。

しかし、その前に自分ならできる!という強い心の
『波動』から行動を起こし、それが継続に繋がった
のではないかと感じている。

最近、上記の引用部分を、
もう一度、改めて読んでみて、

八田さんは、たとえどんな状況の人であっても
全ての人の可能性を信じてくれていたことを
実感した。

もし、今現在、行き詰まっている人や、
思うように行かない人は、自分の持つ
見えない力をもっと信じて下さい。

これ、綺麗事でも何でもなくて、
あなたの心1つで、必ず『波動』が
良い方向へと変わります。