強運の人って一体どんな人?

2019-06-21

運の良い人とは、『挑戦の人』です。

強運の人は、
『宇宙の法則』を知っています。

「楽は苦の種」
「苦は楽の種」

なのです。

現代では過保護の両親や、モンスターペアレントなど
昔では考えられない教育が世間でまかり通っており、

教師が生徒に少しでも手をあげただけで、
『体罰問題』と化し、まるで凶悪犯人にでも
仕立て上げたのように、世間から晒されます。

まさにゆとり教育も度を超え、
そんな社会の中で若者が育っている現状です。

芸能界でも、大物芸能人の2世3世といった、
まさに親の七光りで売れているような
若手俳優や女優が多く見受けられます。

至るところで、親のバックアップで何とか
一人前になれた若者だらけですが、
この状況では、日本のお先は確実に真っ暗です。

「お父さん、お母さん、あなたはそんなに
ご自身の子供さんを楽させたいのですか?」

「そんな楽な人生に何の楽しみがあり、
何の成長があるのでしょうか?」

「そして、彼らの人生に何の感動と感激があるのでしょう?」

「自身が生きていく感動の人生を、さらに次の
世代の人たちに語れるエピソードを、持てるのでしょうか?」

と、私は常々そう思っています。

いつしか私たち日本人は、「楽」を望み、
「楽」を選ぶ方向に行ってしまいました。

これはまさに『愚か者量産』以外の
何者でもありません。
それに気づいていない親御さん自体が
愚か者だといっても過言ではありません。

しかし実は、賢い人たちは「苦」を選びます。

そして自身の可愛い子供にも
「苦」を悟らせます。

その理由はドMだからではありません(笑)
可愛いからこそ、「苦」を悟らせるのです。

なぜなら「苦」が「楽の種」だと
知っているからなのです。
そしてそれは、「楽」が「苦の種」だ
ということも知っているのです。

人生は感動と経験と冒険です。
この最高の人生を、子供たちに魂レベルにまで
味わせてあげることが、どれだけ充実した
素晴らしい人生かということを知って欲しいです。

そして、究極の強運になりたければ
まず「偶然」という言葉を
自身の人生から排除することです。

なぜなら、この世には
「偶然」ということはないからです。

すべての出来事は
「偶然」ではなく、
「必然」なのです。

「必然」とは必ずそうなること
「必然」とはそれよりほかに
なりようのないことを言います。

では自分の人生で起こることすべてが
「必然である」としたならば・・
次も強運となる上で
とても大切な心的態度です。

人生は陰と陽です。
良いことも起きれば、悪いことも起きます。

人生には良いことばかりということは
絶対にありえません。

そして人生において起こった特に悪いこと、
もっと正しくいうとあなたにとって
「都合の悪いこと」

これも「必然で起こっている」
ということになります。

では強運となる次の心的態度ですが、
それはこの世(大宇宙)には
神様のような不思議な存在が
必ずいると知ることです。

これは宗教を信仰しろという意味ではなく、

『神様』の存在を信じる人の方が人生を生きる上で
「得」で「強運」となるようです。

そして、神さまの存在を信じた上で
自分の身の上に都合の悪いことが起きれば、

その時、愚痴ったり、嘆いたり、
天や神を恨んだり、罵ったりせず、

「世の中に偶然は無く、全てが必然だとしたならば、
この問題を神はなぜ自分に起こしたのだろう・・」

「自分に何を学べ示唆しているのだろうか・・」

と考えてみる・・

これが強運となる人たちの考え方の癖なのです。

まとめとして、
強運となる4ステップは、

1)世の中には偶然など何一つなく、全ては必然である。

2)人生は陰陽があり、良いことと悪いことが必ず起こるものである。

3)神様の様な存在は必ずいる。

4)特に悪い出来事から「何を学べ」と示唆しているのだろうと考える。

この考え方の癖が、私たちを強運とし、
楽しい人生をプレゼントしてくれるようです。

今日から早速実践して行きたいものです。