「天皇」という名称

2019-06-04

八田です、

「天皇」という名称は、古くから中国で使われてきました。

中国を治めた伝説上の帝王である三皇(さんこう)とは、

  • 天皇(てんこう)
  • 地皇(ちこう)
  • 秦皇(たいこう)または人皇(じんこう)とも呼ぶ

の三人のことです。

諸説ありますが、「天皇」はこの三皇の一つである天皇から取ったものと考えられています。

この「三皇」のことを「天地人」とも言い、これは天と地と人を指し、世界を形成する要素、宇宙に存在する万物を指します。

要するに中国神話における神様のことです。

因みに、天皇(てんこう)と天皇(てんのう)では字は同じでも読みが違います。

また、天皇という号を使い始めたのは、第40代・天武天皇の時代からだとされています。

天皇と書かれた最古の木簡(木札)