日本神話/(2)古事記:天地開闢② 別天津神と神世七代

天と地の始まり

まだ、この世が混沌とし何もなかった頃、一柱の神様が現れる。

それが天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)。

天之御中主神が中心に居て、そこから外へ向かうように現れたのが高御産巣日神(たかみむすびのかみ)と神産巣日神(かみむすびのかみ)。

中心に引き寄せる力と外に反発する力のバランスが整った頃、二柱の宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)と天之常立神(あめのとこたちのかみ)が現れた。

この五柱の神様を別天津神(ことあまつかみと)呼び、この神様は肉体や性別を持たない霊体だけの存在だった。

その後、国之常立神(くにのとこたちのかみ)と豊雲野神(とよくもののかみ)の二柱の独神(ひとりがみ)が現れたが、これらも現れては直ぐに姿を隠してしまう。

神々は更なる進化を求めて、男女の性別を持つ五組、十柱の神を生んだ。

この時生まれた二柱と五組の神々は、神世七代(かみよななよ)と呼ばれ、その一番最後に生まれてきたのが男神である伊耶那岐命(いざなぎのみこと)と女神の伊耶那美命(いざなみのみこと)である。

この二神の伊耶那岐命と伊耶那美命は神々から特別な力を授かる。

それは愛。

高天ヶ原の神々はまだクラゲのように、プカプカと漂った不安定な地上世界をしっかり固めて安定させるよう、伊耶那岐命と伊耶那美命に命じると、国土(島々)を創ることが出来る天沼矛(あめのぬぼこ)を二神に授けた。

神世七代とは
五柱の別天津神が生まれた後、二柱の独神が現れては姿を隠し、男神と女神が対となった五組の神々が誕生した。この時に生まれた五組の最後の一対が男神である伊邪那美命と、女神である伊邪那美命である。こうして生まれた独神二柱と、五組の計十二柱の神々が「神世七代」である。

 

これまでの学び

(0)古事記:はじめに

(1)古事記:天地開闢① 天地の始まりと神様の誕生

本日の課題

1:今回の学びで感じたことをシェアしてください。

2 件のコメント

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    世界中の神話には共通点がありますね。どの神話も天地開闢のフェーズは表現の違いだけだと思いました。

  • 伊藤 より:

    愛は、創造の源であると思います。男女が交わることで生命が誕生するように、善と悪、白と黒、寛容と厳格など、
    相反するものが結び合うことで新たなものが産まれる力が生じるのだと感じます。
    神々が創造の業を行ったように、人類もまた、創造していく事が宿命づけられているのかもしれません。

  • コメントを残す