日本神話(古事記)宗像三女神

神格

海の神、航海の神

御利益

海上安全、豊漁、交通安全、商売繁盛、芸能上達

別称

宗像三神(むなかたさんしん)

系譜

アマテラスとスサノオの誓約(うけい)によって生まれた神

宗像三女神を祀った神社

・宗像大社(福岡県宗像市田島2331〈辺津宮〉)
・厳島神社(広島県廿日市市宮島町1-1)
・江島神社(神奈川県藤沢市江の島2丁目3番8号)
・松尾大社(京都市西京区 嵐山宮町3)
・石神神社(奈良県天理市布留町384)

古事記の配信済みコンテンツ

造化三神

伊邪那岐

伊邪那美

天照大神

月夜見尊

須佐之男尊

1 個のコメント

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    一家の一大事が起こったとき、身を挺して守ろうとしてくれた人が身近に居ます。守り神を調べてみたら宗像三女神でした。私の妻のことでなのですが今でも頭が上がりません。

  • コメントを残す