日本神話(古事記)須佐之男尊

 

前回と今回のコンテンツで、月夜見尊と須佐之男尊が登場したので、実際のツクヨミとスサノオの写真をプレゼントしたいと思います。

こちらの写真がそうなのですが、社殿の右上に眩いばかりの光(エネルギー体)が大小2体、重なっているのが分かると思います。

この2体のエネルギー体がツクヨミとスサノオだそうです。

普通の人にはない特殊な能力を持っている人が見ると、直ぐにツクヨミとスサノオだと分かるそうで、私もこの写真をある能力持ちの人に、何もヒント無しで見せてたところ、ズバリ当てられました。

実はこの写真は、昔、私に神々のことを教えて下さっていたメンターから頂いたものです。

当時の私は陰謀論を語っていたため、非常に危険な状態にあり、数々の攻撃や嫌がらせや脅迫などを受けていたのですが、その頃にメンターより「この写真を携帯やPCの待受にすれば必ず守られる」と言われ、御守代わりに頂いた写真です。実際に、この写真のおげで私は色々と守れれてきました。

私の身が危険な状態の時は、この写真はずっと上下が逆さまなっていましたが、攻撃を受けなくなってからは元どおりになりました。

私が実際にそうした不思議な体験をしていますので、本当に神が宿った写真だと思います。

八田塾の皆さんには、これをプレゼントしますので右クリック保存で、ご自身のPC等に保存しておくと良いと思います。

因みに、この神社の場所は「北口本宮冨士浅間大社」だったと思います。(wikiにリンクを張っておきます)

 

神格

豊穣神、防災除疫の神、歌人の神、冥府の神、荒ぶる神の祖

御利益

水難、火難、病難除去、五穀豊穣

別称

素戔嗚尊(すさのおのみこと)、健速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)、牛頭天王(ごずてんのう)、祇園様(ぎおんさま)、天王様(てんのうさま)

系譜

イザナキの子、子はウマノミタマ、イソタケル、オオトシなど

須佐之男尊を祀った神社

・八坂神社(京都東山区祇園町)
・氷川神社(埼玉県大宮市高鼻町)
・津島神社(愛知県津島市神明町)
・熊野本宮大社(和歌山県東牟婁郡本宮町)
・日御崎神社(島根県簸川郡大社町日御崎)
・須佐神社(島根県簸川郡佐田町宮内)

古事記の配信済みコンテンツ

造化三神

伊邪那岐

伊邪那美

天照大神

月夜見尊

2 件のコメント

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    ひとつの事に強い感情を抱いて行動できる反面、バランスが悪い感じが何となく共感できます。昔の日本のお父さんみたいですね。

  • 伊藤 より:

    素戔嗚尊は、私の守護神としてお示し頂きました。
    素戔嗚尊の特徴は、私の性格に酷似しております。本当に私は感覚的で性急な面があり、よく周囲に
    「もっと落ち着いて考えてからにしなさい」と諫められることがあります。
    写真も大切にPCと携帯に納めさせて頂きました。
    真にありがとうございます。

  • コメントを残す