日本神話(古事記)健磐龍命

 

神格

阿蘇の神、開拓の神

御利益

開運、事業発展、商売繁昌、五穀豊穣、子授け

別称

阿蘇都彦(あそつひこ)、阿蘇津彦命(あそつひこのみこと)、阿蘇神(あそのかみ)

系譜

神武天皇の孫

健磐龍命を祀った神社

・阿蘇神社 (熊本県阿蘇郡)
・阿蘇山上神社(熊本県阿蘇市黒川)
・三谷神社(島根県出雲市大津町)
・草部吉見神社(熊本県阿蘇郡高森町)
・建軍神社 (熊本県熊本市東区)
・甲佐神社 (熊本県上益城郡甲佐町)
・郡浦神社 (熊本県宇城市三角町)

古事記の配信済みコンテンツ

造化三神

伊邪那岐

伊邪那美

天照大神

月夜見尊

須佐之男尊

宗像三女神

天鈿女命

天手力男命

大国主神

八上姫

須世理姫

少彦名命

建御雷神

事代主神

建御名方神

瓊瓊杵尊

猿田彦命

木花咲耶姫

磐長姫

神武天皇

2 件のコメント

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    当たり前のものなどひとつもありませんね。日々身の回りのものに感謝です。

  • 伊藤 より:

    神社への参拝は、神社を通じて、自分の内なる神と現実世界に存在する神とをつなぐ役割なのでしょうか。
    現実にそのような祈りの場が、この現代に残されているというのは、
    とても意味の深いことですね。

  • コメントを残す