日本神話/(5)古事記:天地開闢⑤ 伊邪那美命

命と引き換えに神を生んだ女神

イザナミは愛に生きた女神である。

イザナミは、初めての契りの際、溢れる想いを止められず「何て良い男でしょう」と、女であるイザナミ自ら先に告げてしまう。

その結果、最初に産まれた子はヒルのような姿だったため、海に流した。

これは流産を意味するのかもしれない。

その後、男神であるイザナキから声をかけ、二人は深く愛し合い、多くの子を産む。

しかし、炎の神を産んだ時の火傷がもとで黄泉の国へ逝ってしまう。

イザナミは黄泉の国で、生の終わりを迎えようとしていた。

その時である。なんと、建物の前には妻を迎えに来た夫の姿があった。

イザナミを連れ戻しに来たのである。

しかし、彼女はすでにこちら側の食べ物を口にしていたので、戻りたくても戻ることはできなかった。

それでも夫は諦めない。

イザナミもできることなら今すぐにでも愛する夫に会いたかった。

そこでこちら側の神様に交渉するので中を覗かないでと頼む。

しかし、一向に戻る気配のないことにしびれを切らした夫が、会いたい想いを止められず、約束を破って中を覗いてしまった。

そこにはウジが湧いたイザナミの姿があった。

あまりの驚きに思わず音を立ててしまった夫に気づいたイザナミは、約束を破ったことに激怒する。

黄泉の国の出口まで逃げたイザナキは、大きな石で出口を塞ぎ、イザナミに別れを告げる。

それを聞いたイザナミの怒りは頂点に達した。

「お前がそう言うならば、そちらの国の人間を1日1000人殺してやる」と言った。

夫は「それならば、1日1500人産む」と抵抗した。

ここから、人の「生」と「死」が生まれたという。

イザナミは夫を心から愛していた。

愛していたからこそ、約束を守ってほしかった。醜い姿も見られたくなかった。

しかし、その気持ちを察することができなかった夫から別れを告げられた。

その言葉を聞いて、イザナミの怒りと哀しみは頂点に達したのである。

これは、人間社会でもよくある話。

始めはボタンの掛け違いでも、悪いことだけに意識を奪われ、そのことしか見えないまま行動することで、次々に悪い事態を招いてしまう。

それも、繋がりが深ければ深いほど、その問題も深刻になる。

盲目の愛。

愛情と愛欲の違い。

感情による言葉なのか、愛情による言葉なのか、慎重に言葉を選び、今一度、自分の行動を見直してみるのも良いかもしれない。

 

これまでの学び

(0)古事記:はじめに

(1)古事記:天地開闢① 天地の始まりと神様の誕生

(2)古事記:天地開闢② 別天津神と神世七代

(3)古事記:天地開闢③ 伊耶那岐命と伊耶那美命の国生みと神生み

(4)古事記:天地開闢④ 伊耶那岐命

本日の課題

1:今回の学びで感じたことをシェアしてください。

2 件のコメント

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    家族→友人→社会→国→世界→宇宙 と愛の範囲を広げる勉強をさせて頂いているのかな?とふと感じました。

  • 伊藤 より:

    覆水盆に返らず、一度発してしまったものは元に戻らないですね。
    本当に、実感です。慎重な言葉選び、心がけます。ありがとうございます。

  • コメントを残す