日本神話(古事記)建御雷神

 

神格

武神、軍神、剣神、雷神

御利益

武道守護、殖産興業、国家鎮護、芸能上達、豊漁、航海安全、安産、病気平癒、厄除け、縁結び、延命長寿、交通安全

別称

武甕槌命(たけみかづちのみこと)、鹿島神(かしまのかみ)、鹿島様(かしまさま)、建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)、布都御魂神(ふつのみたまのかみ)、建布都神(たけふつ)、豊布都神(とよふつ)

系譜

火の神カグツチの血から生まれた神
藤原氏の祖神としても知られる

建御雷神を祀った神社

・鹿島神宮(茨城県鹿嶋市宮中)
・香取神宮(千葉県香取市香取1697-1)
・春日大社(奈良県奈良市春日野町)
・石上神宮(奈良県天理市布留町布留山)
・真上神社(秋田県男鹿市)
・古四王神社(秋田市寺内字児桜)
・志波彦神社(宮城県塩竈市一森山1-1)
・塩釜神社(宮城県塩釜市一森山)
・椋神社(埼玉県秩父市下吉田)
・大原野神社(京都市西京区大原野南春日町)
・吉田神社(京都市左京区吉田神楽岡町)
・枚岡神社(大阪府東大阪市出雲井町)

古事記の配信済みコンテンツ

造化三神

伊邪那岐

伊邪那美

天照大神

月夜見尊

須佐之男尊

宗像三女神

天鈿女命

天手力男命

大国主神

八上姫

須世理姫

少彦名命

1 個のコメント

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    武力を使わず正義と忠義で問題を解決する最も強い武神ですね。この世界をウシハクではなくシラス国にできたら素晴らしいです。

  • コメントを残す