日本神話(古事記)伊邪那美

神格

創造神、万物を生みだす女神、大地母神

御利益

出世開運、商売繁盛、家内安全、縁結び、夫婦円満、安産・子育て、無病息災・病気平癒、厄除け、延命長寿、豊作・大漁

別称

伊邪那美神、伊弉冉尊

系譜

高天原の神、神世七代の最後の神

伊邪那美を祀った神社

  • 花窟(はなのいわや)神社(三重県熊野市有馬町)
  • 波上宮(沖縄県那覇市若狭)
  • 伊弉諾神宮(兵庫県淡路市多賀)
  • 多賀大社(滋賀県犬上郡多賀町)
  • 江田神社(宮崎市阿波岐原町)
  • 筑波山神社(茨城県つくば市筑波)
  • 佐太神社(島根県松江市)
  • 三峰神社(埼玉県秩父市三峰)
  • 英彦山神宮(福岡県田川郡添田町英彦山)
  • 白山比め神社(石川県白山市三宮町)
  • 玉置神社(奈良県吉野郡十津川村)
  • * 丹生川上神社(中社)(奈良県吉野郡東吉野村)

2 件のコメント

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    イザナキとイザナミは日本神話ではメジャーな神なので、エピソードを大抵の人が聞いた事があると思います。これまで聞き流していただけですが人の心(魂)に進化をもたらす意味もあるように感じました。約束を破ると怖いですね・・・自分も戒めます。

  • 伊藤 より:

    愛から多くの命が生まれ、その代償としての死も生じた・・。
    プラス(愛情)が強ければ強いほど、より大きなマイナス(嫉妬、独占欲、思い込み)も生まれるのでしょう。
    おっしゃる通り、愛情なのか愛欲なのか、自己愛なのか、利他愛なのか、
    よくよく自分の心根をチェックしていく事が肝要ですね。

  • コメントを残す