日本神話(古事記)事代主神

 

神格

海の神、商業の神、託宣神

御利益

商売繁盛、開運、厄除け、福徳円満、病気平癒

別称

事代主神(コトシロヌシノカミ)、八重事代主神(ツミハヤエコトシロヌシノカイ)、恵比寿大神

系譜

オオクニクヌシの子

事代主神を祀った神社

・下鴨神社(奈良県御所市)
・美保神社(島根県松江市)
・三嶋大社(静岡県三島市大宮町2丁目1-5)
・事代主神社(徳島県阿波市)
・三輪恵比須神社(奈良県桜井市)
・長田神社(神戸市長田区)
・生夷神社(徳島県勝浦郡)
・恵比須神社(京都市東山区)
・今宮戎神社(大阪市浪速区)
・各地の事代主系の恵比須
・宮中三殿神殿

古事記の配信済みコンテンツ

造化三神

伊邪那岐

伊邪那美

天照大神

月夜見尊

須佐之男尊

宗像三女神

天鈿女命

天手力男命

大国主神

八上姫

須世理姫

少彦名命

建御雷神

2 件のコメント

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    皆の理想の世界を目指すために自分の手柄や立場など気にも掛けない姿は本当に尊敬します。心の中がひたすらかっこいいですね。

  • 伊藤 より:

    オオクニヌシ、コトシロヌシの国造りの大元となったご苦労があったからこそ、その後の日本の繁栄があったのですね。
    何事も、光り輝く繁茂繁栄の影には、そのために尽くしてきた存在、献身、あるいは利他の想いがあればこそだと感じます。

  • コメントを残す