日本神話/(27)古事記:高千穂と神々の闘い⑥神倭伊派礼毘古命の東征

山幸彦と海神の娘の豊玉毘売(よたまびめ)が結婚して、鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)が誕生し、この神は叔母であり、育ての親でもある玉依毘売(たまよりびめ)を娶り、四柱の御子神をもうけた。

その四兄弟の末っ子の神倭伊波礼毘古命(かむやまといわれびこのみこと:後の神武天皇)は、ある時思い立ち、長兄の五瀬命(いつせのみこと)に、より広く国を治める為に、東へ行くことを提案し、これを受けて早速兄弟達は生まれ育った高千穂から旅立ったのである。

一行はまず、高千穂から北上して豊国の宇佐に辿り着き逗留した。

そこから西に向かい、竺紫(福岡県)の岡田宮に1年住んだ後、阿岐国(広島県)の多祁理宮(たけりのみや)で7年、吉備(岡山県)にある高島宮で8年を過ごした。

高島宮を出発して海上を東へ進むと、渦潮のある速吸門(はやのすいと)に辿り着いた。

その地で亀の甲羅に乗って釣りをする国津神がいて、神倭伊波礼毘古命と一行に手を振りながら近寄ってきた。

神倭伊波礼毘古命がその国津神に付き従うか尋ねると、快く承諾したので、槁根津日子(さおねつひこ)という名前を与え家臣とした。

これが倭国造(やまとのくにのみやつこ)の祖となった。

東への旅路が続いたが、これより苦難が待ち構えていた。

一行が浪速(なみはや)の渡わたりを経て、白肩津(しらかたのつ)に泊まった時、登美(とみ)の支配者である「那賀須泥毘古(ながすねびこ)または登美毘古(とみびこ)」が軍勢を率いて攻め込んで来た。

この襲撃により五瀬命(いつせのみこと)が矢を手に受けて、重傷を負ってしまう。

五瀬命は、「我々は日の御子なのに、太陽に向かって戦ったので痛手を負った。これからは太陽を背負って戦おう」と誓い、相手の東から回り込み攻める為に、一行は南に進路を変えて進軍した。

体制を整えて、これからという所であったが、紀国の水門に辿り着いた時、深手を負っていた五瀬命の様態が悪化し「卑しい敵に傷つけられ、死んでしまうのか」と叫び声を上げて死んでしまった。

この為、この地を男之水門(おのみなと)と呼ぶ。

神武天皇
神武天皇は、神倭伊波礼毘古命とも言われ「かむやまといわれびこのみこと」の「いわれ」とは、地名を表し、現在の奈良県桜井市中部から橿原市東南部とされ、即位した橿原宮は市名にそのまま名前が残っています。

神武東征と橿原神宮

五瀬命
五瀬命は、神武天皇の長兄です。弟たちは神武天皇以外に稲飯命(いなひとのみこと)、三毛入野命(みけいれいののみこと)がおり、弟たちと共に東征軍を率いました。しかし、那賀須泥毘古(ながすねびこ)による襲撃に遭い、矢傷で重症を負った五瀬命は紀国男之水門で亡くなったと言われ、「日本書紀」によると紀国竈山に墓が築かれ、現在も竈山墓の南麓には、竈山(かまやま)神社(和歌山市和田)が鎮座しています。

五瀬命と竈山神社

 

これまでの学び

(0)古事記:はじめに

(1)古事記:天地開闢① 天地の始まりと神様の誕生

(2)古事記:天地開闢② 別天津神と神世七代

(3)古事記:天地開闢③ 伊耶那岐命と伊耶那美命の国生みと神生み

(4)古事記:天地開闢④ 伊耶那岐命

(5)古事記:天地開闢⑤ 伊邪那美命

(6)古事記:天地開闢⑥ 伊耶那美命の死と火之迦具土神

(7)古事記:天地開闢⑦伊耶那岐命の黄泉の国訪問

(8)古事記:天地開闢⑧禊祓と神々の誕生

(9)古事記:天地開闢⑨天照大神と須佐之男命の誓約

(10)古事記:天地開闢⑩天岩屋戸と高天ヶ原の神々

(11)古事記:天地開闢⑪五穀と須佐之男命の大蛇退治

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(12)古事記:出雲と天孫降臨①大国主神と稲羽の白兎

(13)古事記:出雲と天孫降臨②大国主神と八十神の迫害

(14)古事記:出雲と天孫降臨③大国主神の根の国訪問

(15)古事記:出雲と天孫降臨④大国主神の国作り

(16)古事記:出雲と天孫降臨⑤葦原中国の平定と建御雷神

(17)古事記:出雲と天孫降臨⑥事代主神の服従

(18)古事記:出雲と天孫降臨⑦建御名方神の反抗

(19)古事記:出雲と天孫降臨⑧大国主神の国譲りと出雲大社

(20)古事記:出雲と天孫降臨⑨天孫降臨と猿田毘古神

(21)古事記:出雲と天孫降臨⑩天照大神の神勅

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(22)古事記:高千穂と神々の闘い①木花之佐久夜毘売と石長比売

(23)古事記:高千穂と神々の闘い②木花之佐久夜毘売の出産

(24)古事記:高千穂と神々の闘い③海幸彦と山幸彦

(25)古事記:高千穂と神々の闘い④火照命と火遠理命の争い

(26)古事記:高千穂と神々の闘い⑤豊玉毘売の出産

 

本日の課題

1:今回の学びで感じたことをシェアしてください。

コメントを残す