日本神話(古事記)瓊瓊杵尊

 

神格

農業神、稲穂の神

御利益

五穀豊穣、畜産、国家安泰、家内安全、厄除け、富貴栄達

別称

瓊杵尊(ニニギノミコト)、天饌石国饌石天津日高日子火瓊瓊杵命(アメノニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギノミコト)、天津日高日子番能邇邇芸命(アマツヒコヒコホノニニギノミコト)、彦火瓊瓊杵命(ヒコホノニニギノミコト)

系譜

アマテラスの孫、アメノオシホミミの子

瓊瓊杵尊を祀った神社

・霧島神宮(鹿児島県霧島市)
・高千穂神社(宮崎県西臼杵郡高千穂町)
・新田神社(鹿児島県薩摩川内市)
・日向大神宮外宮(京都府京都市山科区)
・射水神社(富山県高岡市)
・築土神社(東京都千代田区九段北)
・常陸國總社宮(茨城県石岡市総社)
・国見神社(奈良県御所市)
・富士山本宮浅間神社(静岡県富士宮市宮町)
・荒穂神社(福岡県嘉麻市)

古事記の配信済みコンテンツ

造化三神

伊邪那岐

伊邪那美

天照大神

月夜見尊

須佐之男尊

宗像三女神

天鈿女命

天手力男命

大国主神

八上姫

須世理姫

少彦名命

建御雷神

事代主神

建御名方神

1 個のコメント

  • 伊藤 より:

    昭和、平成、令和の歴代の天皇陛下のお姿を拝見し、
    三大神勅に徹した生き方をされているというのが良くわかりました。
    また、天皇陛下のご先祖神様が、限りある命を選択された、というのは感慨深く感じました。
    人生は、限りあるもので、はかないもの・・。私自身、悔いのない選択をしたいものです。

  • コメントを残す