日本神話/古事記:はじめに

世界の国々に様々な神話があるように、我が国日本にも神話が存在する。

西洋にはアダムとイヴ、ノアの方舟があり、我が国日本には古事記がある。

古事記には様々な神々が力を合わせ、国を造り、神を創り、地上を統治する話が描かれている。

また、そこに描かれる神々は、我々と同じように誤解や嫉妬、様々な憎悪に悩まされながら、怒り、苦しみ、悲しみ…を乗り越えて、この国を造ってきた。

その経験は現代の我々の精神に大きな影響を与え、そこに日本人らしさが生まれている。

だが、現代の日本人に、その古事記を語れるものは少なく、何千年と伝えられた我が国の神話は失われようとしている。

ある歴史学者がこのようなことを言っている。

神話が無くなると、その国は100年で滅びる

琉球王朝を倒し、日本から侵略された歴史を持つ沖縄の人々は、日本が一度も滅びることなく、未だに続いていると聞くと、違和感を感じないという。

沖縄には沖縄の神話があり、その神話の中には、アマテラスは沖縄に降臨し、本土に渡ったとある。

 

私たちは同じ神を持つ日本人である。そう、同じ神を持つ民族を我々は日本人と呼んだのだ。

このように人々を繋いでいたのは神話だったのだ。

神話が失われ70年が過ぎた。

神話がこの日本から完全に無くなる前に、日本の人々に今一度、日本神話である古事記を学んで欲しい・・・その一翼を担おうと起ち上げたのが「八田塾」である。

古事記は、単なる物語だけではなく、そこに息づく神々の営みや精神が描かれている。

誰が何の目的で作ったものなのか?

神話を通して何を伝えたかったのか?

古事記は我々祖先の営みに、どんな影響を与えたのか?

そして、その精神を託された私たちは古事記を通して何を学べば良いのか?

古事記編纂1300年。

我々の祖先が大切にしてきた精神を絶やすわけにはいきません。

日本人が日本人である証を噛みしめる。

そして、愛する子どもたち、または海外から訪れた外国人の方々に、胸を張って伝えてもらいたい・・・日本の成り立ち、営み…世界一長く続く我が国日本。

そこには何か理由があったはずである。・・・その謎を紐解く物語がこれから始まる。

2 件のコメント

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    古事記について大まかな流れしか知りませんでした。我々はより深く学び次に伝える使命がありますね。これからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す