日本神話(古事記)大国主神

神格

国造りの神、農業神、商業神、医療神、縁結びの神

御利益

縁結びの神、子授の神、夫婦和合、医薬、病気平癒、産業開発、交通・航海守護、商売繁盛、養蚕守護、五穀豊穣

別称

宇都志国玉神(うつしくにたまのかみ)、大物主神(おおものぬしのかみ)、国作大己貴命(くにつくりおおなむちのみこと)、葦原色許男神(あしはらしこおのかみ)、大穴牟遅神(おおなむちのかみ)、八千矛神(やちほこのかみ)

系譜

スサノオの子または六世の孫、七世の孫

大国主神を祀った神社

・出雲大社(島根県出雲市大社町杵築東)
・大神神社(奈良県桜井市三輪)
・気多神社(石川県羽咋市)
・大和神社(奈良県天理市新泉)
・北海道神宮(札幌市中央区宮ヶ丘)
・大洗磯前神社(茨城県東茨城郡大洗町磯浜)
・酒列磯前神社(茨城県ひたちなか市磯崎町)
・氷川神社(埼玉県さいたま市大宮区高鼻町)
・日吉大社西本宮(滋賀県大津市)
・射楯兵主神社(兵庫県姫路市)
・金毘羅宮(香川県仲多度群琴平町)
・都農神社(宮崎県児湯郡都濃町川北)

古事記の配信済みコンテンツ

造化三神

伊邪那岐

伊邪那美

天照大神

月夜見尊

須佐之男尊

宗像三女神

天鈿女命

天手力男命

1 個のコメント

  • 伊藤 より:

    大国主神様は、個人的にとても親しみを持っております。
    そのため、私の結婚式は、六本木にある出雲大社の東京分祠で行いました。

  • コメントを残す