日本神話(古事記)建御名方神

 

神格

軍神、狩猟の神、山の神、農耕神、五穀豊穣の神、風の神

御利益

武運長久、交通安全、盛業繁栄、国土安寧、五穀豊穣

別称

お諏訪様、武南方神

系譜

オオクニヌシの子

建御名方神を祀った神社

・諏訪大社(長野県諏訪市)
・五社神社(大阪市西淀川区中島1丁目2-8)
・諏訪神社(静岡県浜松市中区)
・居多神社(新潟県上越市五智6-1-11)
・大倭物代主神社(兵庫県宍粟市山崎町下牧谷宮ノ谷299)
・諏訪神社(長崎県長崎市上西山町)
* 全国の諏訪神社

古事記の配信済みコンテンツ

造化三神

伊邪那岐

伊邪那美

天照大神

月夜見尊

須佐之男尊

宗像三女神

天鈿女命

天手力男命

大国主神

八上姫

須世理姫

少彦名命

建御雷神

事代主神

 

1 個のコメント

  • 伊藤 より:

    最後の5行は、とても胸に響きます。
    今は、コロナウイルス問題も含め、今後の景気悪化も懸念されており、私自身、行動が保守的になってきていると感じています。
    これから予測される経済恐慌、天変地異、戦争といった極限状況を
    信念を持って生き抜いていくためには、私自身、いつも心に留めていたい言葉です。

  • コメントを残す