2 件のコメント

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    永遠に有り続けるには古い物を新しい物に替えなければいけません。形ある物は必ず朽ちるからです。式年編宮とは形の無い想いを形として伝え続ける意味があるのも知れません。永遠に変わらないものは何だろう?と想像をふくらましてみると、永遠に変わらないもの、それは神の愛なのではないかなと思います。

  • 伊藤 より:

    志の継承というのは、とてもロマンを感じます。
    20年毎というのは、何か神秘的な意味がありそうですね。
    再生を繰り返す=永遠なる生命(不死)・・・という事でしょうか。

  • コメントを残す