(18)旧約聖書と記紀神話は同じだった⁉

 

前にお伝えした記紀神話の「天地開闢」・・・これと同じ内容が、実は旧約聖書にもあるのです。それが「天地創造」です。
天地創造とは、『旧約聖書』の「創世記」における世界の創造のことで、この内容と記紀神話の内容を比べていきたいと思います。


【創世記】
1日目:神は最初に神は天と地を創造した
最初のこの世は何もない真っ暗な世界だった。神が「光あれ」と言うと光ができた。神は光と暗黒に分け、光を昼、暗黒を夜と呼んだ。

【記紀神話】
一代目:国之常立神(くにのとこたちのかみ)
「国」と「常」と「立」は、「国が永久に立ち続けること」を表し、また、「とこ」は、日本の国土の床(土台、大地)を表します。つまり永遠の世界ができたという意味です。これは「創世記」の1日目と重なることになります。

補足
旧約聖書では光を作り昼と夜ができた、となってますが、決して太陽が作られたわけではありません。光とはヤハウェのことであり、後のイエス・キリストのことです。
さらにイエス・キリストの別称は「永遠」です。なぜなら一度死んで蘇ったからです。

【創世記】
2日目:神は大空を創った
神は水の間に大空を造り、上の水(雨)と下の水(海)とに分けた。また、大空を天と呼んだ。

【記紀神話】
二代目:豊雲野神(とよくものかみ)
この意味は、「豊かな野で、雲の覆う野」という意味です。創世記の2日目と微妙に違いますが、概ね同じです。


【創世記】
3日目:神は海と大地を創り、大地に草と樹を芽生えさせた
神は「地の水は1つに集まり、乾いた所が現われよ」と言った。乾いた所を「地」、水の所を「海」と呼んだ。神が「地は草と樹を芽生えさせよ」と言うと、草と樹が芽生えた。

【記紀神話】
三代目:宇比地邇神(うひぢにかみ)・妹須比智邇神(いもすひぢにかみ)
ここから男女ペアの夫婦神になります。「宇」は泥で、「須」は砂を示し、大地が泥や沙によって形を表したという意味で、創世記とは微妙に違うものの概ね同じと考えても差し支えありません。


【創世記】
4日目:神は太陽と月と星を創った
神は太陽と月と星を創り、太陽に昼を、月に夜を司らせた。そしてそれらを天に配置し、地上に光が届くようにした。

【記紀神話】
四代目:角杙神(つのぐいのかみ)・妹活杙神(いもいくぐいのかみ)
角は「ツノ」を示し、「杙」は杭を打ち込むこと、または「角ぐむ・芽ぐむ」を表します。また、彗星は基本的に2本の尾を引きます。それが角に見えることから、角と天体は関係していると思われていました。創世記の4日目は、やはり天体が登場していてます。要するに、2本の角は太陽と月を示し、昼と夜ができたことを表しているのです。


【創世記】
5日目:神は動物と鳥を創った
神はそれらを祝福して言った。「産めよ、栄えよ、水や地に満ちよ」と。

【記紀神話】
五代目:意富斗能地神(おほとのぢのかみ)・妹大斗乃弁神(いもおほとのべのかみ)
「地」は男で「弁」は女を示し、「斗」は「ミトのマグワイ」の意味で性交を表します。また「富」は豊かを示すので、つまり「産めよ、栄えよ」となり、やはり創世記の5日目と重なります。


【創世記】
6日目:地の獣、家畜、土に這う全てのものを創った
神は自分を象って男と女を創造した。神は人を祝福して言った。「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせ、全ての生き物を支配せよ」と。

【記紀神話】
六代目:於母陀流神(おもだるのかみ)・妹阿夜訶志古泥神(いもあやかしこねのかみ)
「おもだる」は完成を示し、「あやかしこ」は、賢いことを褒めることを示します。その意味は、神に似せて人体を作ったことを表し、やはり創世記の6日目と重なります。


【創世記】
7日目:こうして天地万物は完成した
神は仕事を離れて安息した。神は第7の日を祝福し、これを聖別した。

【記紀神話】
七代目:伊邪那岐神(いざなきのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)
神はお休みになる前に、アダムとイヴという人間を創ってますが、ここでも人間に近い神、伊邪那岐と伊邪那美を創っていて、旧約聖書と記紀神話は、そのストーリーがほぼ同じなのです。


これが偶然と言えるでしょうか。

 

2 件のコメント

  • du0nc3rbun@gmail.com より:

    正に日本がこの先、世界の要となり、世界を導いていかなければならない事を決定付ける内容なのではないでしょうか?
    神社も聖書そのものですし、記紀神話も聖書そのものです。
    本当、日本という国は凄まじいですね。
    今上天皇はもうそろそろ、国民にこういった事実を発表されても良いのではないでしょうか。
    こういった事は日本人は早く知るべきです。

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    偶然だとは考えずらいですね。出所が同じだと考えざる負えません。

  • コメントを残す