資産構築…もう一つの方法

一般的に資産構築には、下記の2つを行う必要があります。

とても簡単です。

① 収入−支出=貯蓄 → ② 貯蓄×利回り=資産

つまり資産を作るには…

  • 収入を上げる
  • 支出を下げる
  • 利回りを上げる

この3つが大切になります。

「収入」を上げたり、「支出」を下げることができても、「利回り」は運用先が決めることなので、基本的には上げることはできません。(利回りが大きい投資案件は詐欺だと思って下さい)

かと言って収入を上げることも簡単ではありません。

そうなると支出を下げるしか道はありません。

この簡単なことが分からない人が多いため、資産がなかなか作れないわけです。

しかし、これが分かると貯蓄はできますよね。

今のままの収入で資産を作るには、支出を下げて貯蓄するか運用に回すしかないのです。

ここまでは一般的な方法です。

が、、、もう一つ、

 

資金を「調達」して資産を構築する方法があります。

それは下記の2つです。

① 調達資金×利回り=配当金 → ② 配当金−調達資金返済=資産

つまり、自己資金がたとえ「0」だとしても、「調達力」さえあれば資産構築はできるということです。

そして、この調達力に大切なのが何かと言えば「信用貯蓄」や「信頼関係」です。

だからZIPANGで「ユダヤ5000年の教え」を学んで頂いたわけです。

 

この調達力がある人は、ビジネスで稼ぐ人よりも強いです。

いや、調達力があるからこそ、大きなビジネスもできるし、大きな資産を構築できるのです。

それは、SoftBankの孫正義氏を見れば分かると思います。

このグループの中で「八田さん、私は信用貯蓄もあるし、人との信頼関係もバッチリ築けています!」という人がいましたら、個別で私にご連絡下さい。

調達方法をお教えします。

コメントを残す