詐欺メールの注意喚起

Appleの偽メールと偽サイト

皆さん、詐欺の被害に遭わないようにご注意下さい。

iPhoneをお使いの方は、最近下の画像のようなメールが頻繁に送られてきます。

本当にAppleから送られてきているメールみたいに見えますが、偽物です。

とても巧妙に作られているので、見分けにくいです。

このメールの場合、アカウントを有効にしようと思ってリンクを踏んで、IDやパスワードを入力してしまうと情報を盗まれてしまいます。

本物のAppleからのメールは、必ず宛先に自分の名前が入っています。

偽物は知らないメルアドが入ってます。

セキュリティ上などと書いてあっても、焦らずに慎重に見極めて下さい。

ついでに言っておくと、メールに書かれているリンクのURLは正しいかも知れませんが、実際にリンクを踏むと、これまた巧妙に作られた偽サイトに飛ばされます。

しかし、アドレスバーを見れば一発で分かります。

一応、本物と偽物の比較写真を載せておきます。

よくできていますが、微妙に違いますので、引っかからないようにして下さい。

怪しいメール、違和感のあるメールが届いたら、必ずアドレスバーでURLが正規のものか確認して下さい。

 

Amazonの偽メールと偽サイト

Amazonから下の画像のようなメールが届きました。

メールの件名は、「お支払い情報を更新してください」と書いてあります。

発信者は「Amazon.co.jp」です。

メールの内容は下の画像のとおりです。

赤枠で示している部分は、送信者も本文もきちんと「Amazon.co.jp」と書いてあります。

ところが、オレンジの「アカウントを更新する」ボタンを押すと…下の画像のような画面に変わります。

そして、この時のURLを見ると、偽物は「amazo-ne-co-jp.live」になっていますので、直ぐに分かりますが、似ているので一瞬見たくらいでは間違いやすいです。

なので、動揺せずに心を落ち着かせて確認するようにしてください。

正しいドメインは、「amazon.co.jp」です。

中には、「jpn-amazon-co.com」などもあるようなので、くれぐれもご注意下さい。

セキュリティ上とか、アカウントがロックするなど、人を動揺させて判断力を鈍らせ、情報を盗むという人の心理を利用した詐欺です。

万が一、間違えて情報を入力すると、個人情報やクレジットカード情報など全て盗まれますので本当にお気をつけ下さい。

こうした不自然なメールが来たら、まずは落ち着いて慎重に見極めるようにしてください。

コメントを残す