英霊の言乃葉(死の覚悟)

人間の迷ひは実に沢山ありますが、死に対する程、それが深刻で悟り切れないものはないと思ひます。

これだけはいくら他人の話を聞いても、本を読んでも結局自分一人の胸に起る感情だからです。

私も軍隊に入る時は、それは決死の覚悟で航空隊を志願したのですが、日と共にその悲壮な謂はば自分で自分の興奮に溺れてゐるやうな、そんな感情がなくなつて来てやはり生きてゐるのは何にも増して換へ難いものと思ふやうになつて来たのです。

その半面、死ぬ時が来たなら、それや誰だつて死ねるさ、と云ふ気持を心の奥に常に持つやうになります。

然し本当に死ねると云つてゐても、いざそれに直面すると心の動揺はどうしてもまぬがれる事は出来ません。

私の今の立場を偽りなく申せば、此の事なのです。

私達は台湾進出の命を受けてジャカルタを出ました。

いよいよ死なねばならぬ、さう思ふと戦にのぞむ湧き上る心より、何か、死に度くない気持の方が強かつたりするのです。

わざわざジャワから沖縄まで死ぬ為の旅を続けねばならぬ、その事が苦痛にも思へるのです。

求道
戦死する日も迫って、私の短い半生を振り返ると、やはり何か寂しさを禁じ得ない。

死と云ふ事は日本人にとつてはさう大した問題ではない。

その場に直面すると誰もがそこには不平もなしに飛び込んでゆけるものだ。

然し私は、私の生の短さをやはり寂しむ。

生きると云ふ事は、何の気なしに生きてゐる事が多いが、やはり尊い。

何時かは死ぬに決まつてゐる人間が、常に生に執着を持つと云ふ事は所謂自然の妙理である。

神の大きい御恵みが其処にあらはされてゐる。

子供の無邪気さ、それは知らない無邪気さである。

哲人の無邪気さ、それは悟り切つた無邪気さである。

そして道を求める者は悩んでゐる。

死ぬ為に指揮所から出て行く搭乗員、それは実際神の無邪気さである。

和歌
雲湧きて流るゝはての青空のその青の上わが死に所
下着よりすべて換ゆれば新しき我が命も生れ出づるか
あと三時間のわが命なり只一人歌を作りて心を静む
ふるさとの母の便りに強き事云ひてはをれど老いし母はも

海軍少佐 古川正崇 命

コメントを残す