「運用」は誰かに与えている

八田PBにお金を預け入れするということは、「運用」されるので、誰かに与えているということにもなります。

お金は運用…つまり動かせば動かすほど「増える」というお話を面談でしたと思います。

それが「経済の不思議」です。

つまり、お金を運用している間は増えているので、あなたのところにも増えて戻ってくるということです。

そして、あなた以外の誰かの利益にもなっているということです。

ということは、直接的ではありませんが、あなたは誰かに与えているということなのです。

与えているから増えて返ってくるという、この仕組みが分かれば、お金を増やすのは正直、簡単です。

今後を生き延びるためにと、溜め込んだり、握りしめていることは、本当に聖書で言っているように愚かなことであり、それが安全だとは言えません。

生活して行ける半年分のお金だけを手元に残し、あとは運用して増やす…これが最善な方法です。

それから、「与える」と言っても、決して、「貧しい人や物乞いに、お金を恵んであげよう」と言っているわけではありません。

そうした人たちに与えても、その人たちの為にはなりません。

たまに「与える」の意味を誤解されてる人がいますので、念の為、お伝えしておきます。

そして、詐欺師や搾取する側の餌食にならないように、きちんと人や物を見れるようになってください。

下記は、過去に「与える」の意味を誤解されていた方からの質問の回答になります。

Q&A

+をクリックすると、回答欄が開きます。

参考になれば嬉しく思います。

コメントを残す