個人が無利子・無担保で最大80万円まで借入する方法

コロナの給付金が10万円支給されるとは言え、多くの人はそんな額で足りるはずがありません。

実際に休業や失業によって、1円も得られない人が続出しています。

しかし、無利子・無担保で融資してくれる国の制度があります。

それが「緊急小口資金」「総合支援資金」です。

これを申請することで、最大80万円まで無利子にてお金を借りることが可能です。

なのでお金に困ったからと言って、消費者金融などの金利の高いところでお金を借りなくても大丈夫です。

 

この制度は、場合によっては返済不要です。

いつの時代も「知っている人」だけが得をします。

なので、皆さんも是非、申込みをしてみてください。

お金を直ぐに必要としている急ぎの方にはお勧めです。

勿論、こちらの制度もコロナ対策の貸し付けになります。

  • 無利子・無担保
  • 低所得者向け

 

以下の2種類があります。

  • 緊急小口資金(休業の人向け)
  • 総合支援資金(失業の人向け)

※どちらも場合によっては返済しなくても良い制度です。

 

では、どこで借りるのか? というと、「社会福祉協議会」になります。

まずネットで…

「●● 社会福祉協議会 貸付」

「●● 社会福祉協議会 コロナ」

などで検索してみてください。

※●●はお住まいの地名(**市など)を入れます。

検索で見つかったら直ぐにお申し込み可能です。

 

【緊急小口資金(休業の人向け)】

・10万円の貸付

・据置期間:1年

・償還期限:据置期間経過後2年以内

※据置期間(1年)とは、融資を受けて1年間は返済をしなくても大丈夫だということです。

※償還期限とは、返済期限のことですが、据置期間が1年の場合、融資を受けて1年後から返済が始まります。つまり「据置期間経過後2年以内」は、返済が始まって2年以内に全額返済するということです。

※無利子なので、もちろん利息は払わなくてOKで、元金を毎月幾らずつか返済して行く制度になります。

※※ 次の人は20万円まで借入れが可能 ※※

  • 家族にコロナ感染者がいる
  • 家族に要介護者がいる
  • 世帯が4人以上
  • 小学生の子供が臨時休校
  • 家族に個人事業主がいる…など

各自治体により、多少の内容が異なると思いますので、詳しくはご自身でお調べ下さい。

 

【総合支援金(生活支援金)】

・収入が減少した人や失業者などが対象

・据置期間:1年

・償還期限:据置期間経過後 10年以内

 

単身世帯:月15万円以内

複数世帯:20万円以内

これが最大3ヶ月分

 

例:月20万円×3ヶ月=60万円

これは重複可能ですので…

・緊急小口資金:最大20万円
・総合支援資金:最大60万円
ーーーーーーーーーーーーーーー
合計:80万円(最大)

つまり、無利子・無担保で最大80万円まで借入が可能だということです。

そして、収入の減少の程度は問いません。

 

〈必要書類〉

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 住民票(家族全員)
  • 印鑑登録証明書
  • 貸付先の通帳またはカード
  • 給与明細や預金通帳(収入の減少を確認するため)

※場合によっては償還が免除されます。(つまり貰えるということ)

※所得の減少が続く場合(住民税非課税世帯など)

コメントを残す