配当所得

現物資産の構築が、いかに大切であるか、その意味がこれまで分からなかった人たちも、最近ようやく分かるようになってきています。

世の中が危機状態になって初めて気付く人も多いため、こうしたカオスな境遇に置かれることは、たまには必要だと個人的には思います。

コロナ感染で亡くなった人や、この危機によって精神的ダメージを受けている人には大変申し訳ない気持ちもありますが、私の場合は、新たな時代、新たな文明の始まりだと思っていますので、希望に満ち溢れ、ワクワクしています。

不謹慎だと思われるかもしれませんか、本当にワクワク感しかないのです。

未来に対して希望を持っているか、それとも悲観、失望してるか、、、その違いは、前もって準備してきたか、何も準備してなかったかの差です。

 

さて、今回は日本では資産構築が難しいという話をします。

年収は「億」を稼いでいるのに、預金額は数百万円しかない……日本には、なぜかこうした経営者が多いです。

勿論、現物投資に回して預金がないというのなら問題ありませんが、そうではないから問題です。

 

どんなに高所得者であっても、金融資産が億越えの人はごく少数です。

なぜなら、日本では高所得者であっても、大きな資産構築ができないような税の仕組みになっているからです。

例えば、サラリーマンなら、、、年収500万円の場合、給与所得控除を差し引いた年間所得は350万円程です。

年収800万円の場合、600万円程度。

年収1000万円の場合、700万円程度。

計算方法は、下記の通りです。

年収 - 所得税・住民税 - 社会保険料 = 所得

※ 因みに、独身・夫婦・子持ちなど…家族構成で多少前後します。

で、自営業なら年収500万円の場合、経費によって所得が0円だったり、450万円だったりと大きく異なります。

経費は給与所得控除のように一律ではないからです。

仮に1億の年収があっても、半分以上が税金として差し引かれ、所得は5000万円以下になります。

この国はこうした税の仕組みになっているので、年収が1億円であっても、1億の金融資産を作るには10年はかかります。

収入が多ければ税金の負担が大きいですし、逆に収入が少なければ手取り額も少なくなるので、いずれにしても資産作りが難しいと言うわけです。

なので、この日本で真のお金持ちになるには、給与所得ではなく「配当所得」を得る必要があるということです。

ということは、八田PBの定期案件で稼ぐしかないということになります。

勿論、八田PBよりも好条件で安全な預け入れ先をご存知なら、そちらに預ければ良いと思いますが、まずそれは困難なことですし、それが出来ている人なら、とっくに成功して資産家になっていることでしょう。

コロナから始まった危機…これにより、定期案件への預け入れが殺到し、早いもの勝ち状態になりつつあります。

そうしたわけで、定期案件は近々、締め切りになると思いますので、エントリーしたい方はお早めにお知らせ下さい。

なお、締め切り後は、次の定期案件がいつ降りてくるかは全く分かりません。

昨日、私の数々の失敗の中にも絶対に取り戻せない失敗があり、それは「タイミング」だと言いました。

「あ〜 あの時にやっておけば良かった…」と、ならないようにチャンスだけは掴み損ねないでください。

取り戻せない失敗だけはしないように!

コメントを残す