タルムードと神道(61):食事中に祝祷を必要とする食べ物

ほとんどの食べ物は、パンのある食事の最中に食べても特別な祝祷は求められません。

パンは食事の「基礎」と考えられているので、パンと共に食べられる物や、パンと同様に楽しみのためでなく、飢えをしのぐために食べられる物は、その基礎の上にある物と考えられ、祝祷を免除されます。

しかし、普通のパンのある食事に含まれない、生の果物のような「二次的」な食べ物については、それが実際にパンと一緒に食べられない限り、祝祷が求められます。

ワインは特有の重要性を持つため、パンに準じる物とは考えられず、特有の祝祷が求められます。

「基礎」である食べ物と「二次的」である食べ物は何によって決まるのでしょうか。

客観的な基準、もしくは主観的な基準でしょうか。

いくつかのルールについて検証してみましょう。

ある場合においては、意図が重要になります。

例えば、一般的には果物は食事の一部とは見なされず、別途の祝祷が求められます。

しかし、食事をする人が果物を食事の重要な部分と位置付けたならば、これはパンに準じる物となります。

お腹を満たすために食べるケーキは、パンに準じる物と考えられます。

もしこれが、ただ嗜好を満たすためだけに食べられるのであれば、別途祝祷が必要になります。

他のケースにおいては、意図は問題になりません。

誰かが、自分にとってワインの重要性はレモネードと同じくらいのものだと決めたところで、ワインには別途の祝祷が必要なのです。

ワインは文化的、歴史的に特別な位置にあり、個人の主観的な性向によって動かせるものではありません。

逆もまた然りです。

レモネードをワインのように重要視したところで、パンのある食事においてレモネードのための特別な祝祷は捧げません。

タルムードでは、「彼の意見は他の人たちの意見に比べて取るに足らない」という表現で、個人の意見がこのような場合には顧みられない理由を説明しています。

私たちの行動の特性は、自身の意図によって決められる場合と、それを優越する社会的な慣習によって決められる場合があるのです。

普段の生活においても、同じ原則に出会うことがあります。

厚手のフランネルのシャツは着方によって、「シャツ」または「スウェット」と見なされますが、厚手のダウンジャケットは、誰かがこれをただの上着として着たからといって、「シャツ」とは見なされないでしょう。

フランネル

ユダヤ法は個人の考えと意図に計り知れない重要性を持たせており、食事における食べ物の位置付けについても相当自由に決められますが、あくまで個人的な考えや意図は、より大きな社会的な文脈の中で意味を持つものであり、伝統と慣習を適切に考慮すべきです。

 

本日の課題

1:今回の学びで感じたことをシェアしてください。


これまでの「タルムードと神道」の学び

タルムードと神道(1):日ユ同祖論(1)

タルムードと神道(2):日ユ同祖論(2)

タルムードと神道(3):日ユ同祖論(3)

タルムードと神道(4):日ユ同祖論(4)

タルムードと神道(5):日ユ同祖論(5)

タルムードと神道(6):日ユ同祖論(6)

タルムードと神道(7):祈りについて

タルムードと神道(8):朝の目覚め

タルムードと神道(9):朝の目覚め(日本編)

タルムードと神道(10):手を洗い清める

タルムードと神道(11):手を洗い清める(禊)日本人編

タルムードと神道(12):礼儀正しい装い

タルムードと神道(13):礼儀正しさ(日本編)

タルムードと神道(14):排泄行為

タルムードと神道(15):排泄行為(日本編)

タルムードと神道(16):祈りの清浄な場所

タルムードと神道(17):祈りの清浄な場所〈日本編)

タルムードと神道(18):祝祷の掟

タルムードと神道(19):祝祷の掟(日本編)

タルムードと神道(20):朝の祝祷

タルムードと神道(21):朝の祝祷(日本編)

タルムードと神道(22):朝の祈り前の制限事項

タルムードと神道(23):夙起夜寐(シュクキヤビ)

タルムードと神道(24):ツィツィート

タルムードと神道(25):テフィリン(前半)

タルムードと神道(26):テフィリン(後半)

タルムードと神道(27):メズザ

タルムードと神道(28):祈りの準備

タルムードと神道(29):ベイト・クネセトの聖性

タルムードと神道(30):ペスーケイ・デズィムラ(祈りの儀式を始める詩編)

タルムードと神道(31):ミニヤンと先唱者

タルムードと神道(32):シェマーとその祈りを中断すること

タルムードと神道(33):シェマーの詠唱(えいしょう)

タルムードと神道(34):テフィラー

タルムードと神道(35):アミダーの祈りへの追加

タルムードと神道(36):先唱者によるアミダーの復唱

タルムードと神道(37):埋め合わせの祈り

タルムードと神道(38):タファナン(懺悔の祈り)

タルムードと神道(39):週日のトーラー朗読

タルムードと神道(40):完全なトーラーの巻物を書くこと

タルムードと神道(41):ケドゥーシャ・ディシドラとアレイヌ

タルムードと神道(42):会葬者のカディシュ

タルムードと神道(43):トーラーを学ぶことについての法

タルムードと神道(44):☆神道と儒教

タルムードと神道(45):トーラーの巻物を書くこと、トーラーの本を得ること

タルムードと神道(46):正しい行い

タルムードと神道(47):否定的な発言を避けること

タルムードと神道(48):天のために行動すること

タルムードと神道(49):正しく体をケアすること

タルムードと神道(50):危険な行い

タルムードと神道(51):喜捨(きしゃ)の法

タルムードと神道(52):ハッラーの法

タルムードと神道(53):肉に塩を振ること

タルムードと神道(54):食事の道具を水に浸すこと

タルムードと神道(55):非ユダヤ人が整えた食べ物

タルムードと神道(56):食事の前に食べること

タルムードと神道(57):☆儒教と神道を合体させた理由

タルムードと神道(58):パンを食べるために手を洗うこと

タルムードと神道(59):パンをちぎること

タルムードと神道(60):食事の間の振る舞い

1 個のコメント

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    嗜好品と考えられる物に対して新たな祝祷が必要という解釈でよいのでしょうか。酒、たばこ、デザートが思い当たりますね。

  • コメントを残す