タルムードと神道(104):シャバットにおける入浴

私たちはシャバットには、身体全体をお湯に浸けてはならず、蒸し風呂に入ってもならない。

しかし、ティベリアの天然温泉に浸かることは許される。

この禁止事項の理由は、そのように身体を洗うことが許されたならばシャバットに水を熱したいという強い誘惑が生まれるからです。

 

ティベリアの温泉

いくつかの他の例においても、ティベリアの温泉は例外的に許容されています。

たとえば、この温泉でシャバットに料理をすることはトーラーの禁止事項ではありません。

同様に、乳と肉をここで調理することも可能です。

こうした許容の裏にはどのような精神的な現実があるのでしょうか。

ティベリアの温泉を温めているのは何だと言うのでしょうか。

トーラーは、ノアの洪水は天からの雨と、地上の「大いなる淵の源は、ことごとく」破れたことによって起きたとしています。

賢人たちはこれについて、身を焦がすような情熱に身を任せるという罪を犯した人間への罰として、身を焦がすような熱い水が噴き出して人類を呑み込んだのだと教えています。

これは、タルムードがこれらの水が地獄門を通って噴き出したと考えていることを思い出させます。

ここには、私たちの度を越した情熱に対するしっぺ返しとして、地獄の炎によって罰せられたのだというメッセージがあります。

裁きに当たって自分たちの行いを神の光に照らして考えるならば、私たちは自身を堕落させたのと同じ情熱によって苦しむのだとさえ言えるでしょう。

洪水が収まった時、トーラーは主が「大いなる淵の源」を塞がれたと言っていますが、その全てを塞いだとは言っていません。

三つの源泉が塞がれずに残り、そのうちの一つがティベリアの温泉なのです。

つまり、ティベリアの温泉は天罰の炎によって熱せられているのです。

しかし、その水は癒しと楽しみのために使われています。

私たちを罰したのと同じ炎が私たちを利するということは、情熱を持つことは悪いことばかりではないということを示しています。

トーラーは、その創造が一段階終わる毎に、その成果物を確認されて「良し」とされたと説明しています。

全ての創造のわざを終えられた時は、「はなはだ良かった」だったと言います。

ミドラッシュでは、このように最上級が使われていることの意味を次のように理解しています。

「良い、とは、正しい衝動である。はなはだ(良い)とは、邪な衝動である」

「邪な」と言われている私たちの物質的な性質は、それが正しく用いられなかった時のみ「邪な」ものになるのです。

私たちが物質的な性質を支配し、これを制御すれば、これは力とモチベーションの源となります。

このように考えて行けば、温泉から利益を得ることがごく当然であることがよく分かります。

しかしまだ、この熱源がなぜ料理やシャバットなどにおける本当の「火」と考えられないのか、説明する必要があります。

「シャバットに禁じられている労働」で、火はしばしば私たちの性格を変容させる力を持つ純粋で精神的な情熱を表すことを説明しました。

他の種類の熱や調理は、温かい気持ちにはなるけれども本当の意味で私たちの性格を良い方向に作り上げることはできないような、より程度の低い熱中を表します。

同じ例えがこのケースにも当てはまります。

私たちはある程度までは、神に仕えることに自分の低位の衝動を活用することができますが、これらの衝動は本当の精神的な情熱のためのエンジンにはなりません。

そのような火では、精神的な修繕には全く効果がないでしょう。

賢人たちはエルサレムには温泉が無いと言います。

もしあったとすれば聖地に巡礼する際に人々は心に留めたでしょうから。

適度に情熱のままに行動することから得られる温かな気持ちは忌むべきことではないですが、しかし時には純粋な主への献身を優先しなければなりません。

シャバットに禁じられている労働は平日の世界の修繕のための仕事なのですから、内なる熱情を燃やすことではなく、感覚のままに振る舞うことから得られる温かな気持ちを表すティベリアの温泉が、シャバットの法で禁じられる火とは考えられないのはもっともなことです。

本日の課題

1:今回の学びで感じたことをシェアしてください。


これまでの「タルムードと神道」の学び

タルムードと神道(1):日ユ同祖論(1)

タルムードと神道(2):日ユ同祖論(2)

タルムードと神道(3):日ユ同祖論(3)

タルムードと神道(4):日ユ同祖論(4)

タルムードと神道(5):日ユ同祖論(5)

タルムードと神道(6):日ユ同祖論(6)

タルムードと神道(7):祈りについて

タルムードと神道(8):朝の目覚め

タルムードと神道(9):朝の目覚め(日本編)

タルムードと神道(10):手を洗い清める

タルムードと神道(11):手を洗い清める(禊)日本人編

タルムードと神道(12):礼儀正しい装い

タルムードと神道(13):礼儀正しさ(日本編)

タルムードと神道(14):排泄行為

タルムードと神道(15):排泄行為(日本編)

タルムードと神道(16):祈りの清浄な場所

タルムードと神道(17):祈りの清浄な場所〈日本編)

タルムードと神道(18):祝祷の掟

タルムードと神道(19):祝祷の掟(日本編)

タルムードと神道(20):朝の祝祷

タルムードと神道(21):朝の祝祷(日本編)

タルムードと神道(22):朝の祈り前の制限事項

タルムードと神道(23):夙起夜寐(シュクキヤビ)

タルムードと神道(24):ツィツィート

タルムードと神道(25):テフィリン(前半)

タルムードと神道(26):テフィリン(後半)

タルムードと神道(27):メズザ

タルムードと神道(28):祈りの準備

タルムードと神道(29):ベイト・クネセトの聖性

タルムードと神道(30):ペスーケイ・デズィムラ(祈りの儀式を始める詩編)

タルムードと神道(31):ミニヤンと先唱者

タルムードと神道(32):シェマーとその祈りを中断すること

タルムードと神道(33):シェマーの詠唱(えいしょう)

タルムードと神道(34):テフィラー

タルムードと神道(35):アミダーの祈りへの追加

タルムードと神道(36):先唱者によるアミダーの復唱

タルムードと神道(37):埋め合わせの祈り

タルムードと神道(38):タファナン(懺悔の祈り)

タルムードと神道(39):週日のトーラー朗読

タルムードと神道(40):完全なトーラーの巻物を書くこと

タルムードと神道(41):ケドゥーシャ・ディシドラとアレイヌ

タルムードと神道(42):会葬者のカディシュ

タルムードと神道(43):トーラーを学ぶことについての法

タルムードと神道(44):☆神道と儒教

タルムードと神道(45):トーラーの巻物を書くこと、トーラーの本を得ること

タルムードと神道(46):正しい行い

タルムードと神道(47):否定的な発言を避けること

タルムードと神道(48):天のために行動すること

タルムードと神道(49):正しく体をケアすること

タルムードと神道(50):危険な行い

タルムードと神道(51):喜捨(きしゃ)の法

タルムードと神道(52):ハッラーの法

タルムードと神道(53):肉に塩を振ること

タルムードと神道(54):食事の道具を水に浸すこと

タルムードと神道(55):非ユダヤ人が整えた食べ物

タルムードと神道(56):食事の前に食べること

タルムードと神道(57):☆儒教と神道を合体させた理由

タルムードと神道(58):パンを食べるために手を洗うこと

タルムードと神道(59):パンをちぎること

タルムードと神道(60):食事の間の振る舞い

タルムードと神道(61):食事中に祝祷を必要とする食べ物

タルムードと神道(62):食後の祈り

タルムードと神道(63):ツィムーン

タルムードと神道(64):禁止された食べ物

タルムードと神道(65):非ユダヤ人のワイン

タルムードと神道(66):焼かれた食べ物についての祝祷

タルムードと神道(67):ワインについての祝祷

タルムードと神道(68):食事の前の祝祷

タルムードと神道(69):結びの祝祷

タルムードと神道(70):食べ物についての祝祷

タルムードと神道(71):果物のジュースと野菜のゆで汁

タルムードと神道(72):中心となる食べ物と従属する食べ物

タルムードと神道(73):食べる前の祝祷の順番

タルムードと神道(74):正しく唱えられなかった祝祷

タルムードと神道(75):追加の料理についての祝祷

タルムードと神道(76):香りについての祝祷

タルムードと神道(77):喜びと悲しみについての祝祷

タルムードと神道(78):自然の驚異についての祝祷

タルムードと神道(79):特別な助けに対する感謝とその助けを求めること

タルムードと神道(80):商売の上での公平な取引

タルムードと神道(81):圧迫的な言葉と他人を欺くこと

タルムードと神道(82):禁じられた食べ物を事業で扱うこと

タルムードと神道(83):禁じられた金利についての法

タルムードと神道(84):融資におけるパートナーシップ上の許容

タルムードと神道(85):誓約と誓い

タルムードと神道(86):旅行者の祈り

タルムードと神道(87):午後の祈り

タルムードと神道(88):夜の祈り

タルムードと神道(89):夜の行い

タルムードと神道(90):シャバットの聖性

タルムードと神道(91):シャバットに非ユダヤ人によって為された仕事

タルムードと神道(92):シャバットの前に船に乗ること

タルムードと神道(93):シャバットの明かり

タルムードと神道(94):シャバットの祈り

タルムードと神道(95):キドゥーシュ

タルムードと神道(96):シャバットにおけるトーラーの朗読

タルムードと神道(97):預言書の一部を読むこと(ハフタラー)

タルムードと神道(98):シャバットに禁じられている労働

タルムードと神道(99・100):運ぶというメラハーと四つのシャバットの領域

タルムードと神道(101):住まいを囲うこと

タルムードと神道(102):運ぶことと、衣服と武器を身につけること

タルムードと神道(103):シャバットにおける火事

コメントを残す