タルムードと神道(73):食べる前の祝祷の順番

食べ物が何種類かある時には、食べる順番を決め、食べ物の重要性に応じて祝祷が唱えられるようにしなければなりません。

順番を決めるための基本的な基準は次の5つです。

1.重要性:パンとワインは特別な重要性を持っているため、祝祷は他の全ての食べ物に優先する。この区分の中においては、パンと焼かれた食べ物がワインより優先する。

2.具体性:果物と野菜はそれぞれ「木の実りの創造主」、「地の実りの創造主」という祝祷を持っているので、「言葉により全てを創られた方」という一般的な祝祷(シェアコール)を必要とする食べ物より優先する。

3.喜び:最も好きな食べ物を優先する。

4.七つの種類:果物の中で、七つの種類の果物は他のどんな果物よりも優先する。七つの種類の中では、「小麦、大麦、ぶどう、いちじく及びざくろのある地、油のオリブの木、及び蜜のある地」という一節において「地」という語に近い順に祝祷を優先する。

5.完全な個体:上の全ての条件において同一である二つの食べ物がある場合、分けられていない完全な個体である方を優先するのが望ましい。

たとえば、バナナよりもアイスクリームの方が好きだとしたら、基準3によりアイスクリームが優先されますが、バナナの方が具体的な祝祷を持つため、基準2においてはバナナが優先されます。

ラビ・ガンツフリードの順位付けに従えば、基準2が優先されるため、この場合はバナナの祝祷を唱えることになります。

もし、イチジクよりバナナ、バナナよりリンゴが好きだとしたら、まずリンゴについて、次にバナナについて祝祷を唱えることになります。

 

義理の息子を選ぶこと

トーラーの示す道は、楽しさを大事にする道です。

大人であれば、両親が選んだ婚約者でなくても、自分が望む人と結婚するでしょう。

とは言うもののユダヤの伝統は、他の伝統的な社会と同じように、両親の意見を非常に重視しています。

父親は娘の婿としてトーラーをよく学んだ相手を選ぶように勧めますし、このような考え方はユダヤの世界のどこにおいても常に、非常に重要なものとされています。

若者のトーラーの知識を試すための一つの伝統的なやり方は、彼を家に招き、父親が果物、野菜、キャンディが乗った皿を出すというものです。

彼が選んだ最初の一皿によって、ここで扱った複雑なルールに精通しているか否かが明らかになるでしょう。

このような「実験」は美しいメッセージを隠し持っています。

ユダヤ法自体が、祝祷の順番を決めるための基準の一つとして、「喜び」という個人の嗜好を取り入れているのです。

そのため、実験を通して招待客の好き嫌いを見つけることができるのです。

ユダヤ人の父親は将来の義理の息子のトーラーの知識について心配すると同時に、彼がどのようにトーラーの学識と自身の性格や好みを融合させることができるのかを知りたがっているのです。

 

本日の課題

1:今回の学びで感じたことをシェアしてください。


これまでの「タルムードと神道」の学び

タルムードと神道(1):日ユ同祖論(1)

タルムードと神道(2):日ユ同祖論(2)

タルムードと神道(3):日ユ同祖論(3)

タルムードと神道(4):日ユ同祖論(4)

タルムードと神道(5):日ユ同祖論(5)

タルムードと神道(6):日ユ同祖論(6)

タルムードと神道(7):祈りについて

タルムードと神道(8):朝の目覚め

タルムードと神道(9):朝の目覚め(日本編)

タルムードと神道(10):手を洗い清める

タルムードと神道(11):手を洗い清める(禊)日本人編

タルムードと神道(12):礼儀正しい装い

タルムードと神道(13):礼儀正しさ(日本編)

タルムードと神道(14):排泄行為

タルムードと神道(15):排泄行為(日本編)

タルムードと神道(16):祈りの清浄な場所

タルムードと神道(17):祈りの清浄な場所〈日本編)

タルムードと神道(18):祝祷の掟

タルムードと神道(19):祝祷の掟(日本編)

タルムードと神道(20):朝の祝祷

タルムードと神道(21):朝の祝祷(日本編)

タルムードと神道(22):朝の祈り前の制限事項

タルムードと神道(23):夙起夜寐(シュクキヤビ)

タルムードと神道(24):ツィツィート

タルムードと神道(25):テフィリン(前半)

タルムードと神道(26):テフィリン(後半)

タルムードと神道(27):メズザ

タルムードと神道(28):祈りの準備

タルムードと神道(29):ベイト・クネセトの聖性

タルムードと神道(30):ペスーケイ・デズィムラ(祈りの儀式を始める詩編)

タルムードと神道(31):ミニヤンと先唱者

タルムードと神道(32):シェマーとその祈りを中断すること

タルムードと神道(33):シェマーの詠唱(えいしょう)

タルムードと神道(34):テフィラー

タルムードと神道(35):アミダーの祈りへの追加

タルムードと神道(36):先唱者によるアミダーの復唱

タルムードと神道(37):埋め合わせの祈り

タルムードと神道(38):タファナン(懺悔の祈り)

タルムードと神道(39):週日のトーラー朗読

タルムードと神道(40):完全なトーラーの巻物を書くこと

タルムードと神道(41):ケドゥーシャ・ディシドラとアレイヌ

タルムードと神道(42):会葬者のカディシュ

タルムードと神道(43):トーラーを学ぶことについての法

タルムードと神道(44):☆神道と儒教

タルムードと神道(45):トーラーの巻物を書くこと、トーラーの本を得ること

タルムードと神道(46):正しい行い

タルムードと神道(47):否定的な発言を避けること

タルムードと神道(48):天のために行動すること

タルムードと神道(49):正しく体をケアすること

タルムードと神道(50):危険な行い

タルムードと神道(51):喜捨(きしゃ)の法

タルムードと神道(52):ハッラーの法

タルムードと神道(53):肉に塩を振ること

タルムードと神道(54):食事の道具を水に浸すこと

タルムードと神道(55):非ユダヤ人が整えた食べ物

タルムードと神道(56):食事の前に食べること

タルムードと神道(57):☆儒教と神道を合体させた理由

タルムードと神道(58):パンを食べるために手を洗うこと

タルムードと神道(59):パンをちぎること

タルムードと神道(60):食事の間の振る舞い

タルムードと神道(61):食事中に祝祷を必要とする食べ物

タルムードと神道(62):食後の祈り

タルムードと神道(63):ツィムーン

タルムードと神道(64):禁止された食べ物

タルムードと神道(65):非ユダヤ人のワイン

タルムードと神道(66):焼かれた食べ物についての祝祷

タルムードと神道(67):ワインについての祝祷

タルムードと神道(68):食事の前の祝祷

タルムードと神道(69):結びの祝祷

タルムードと神道(70):食べ物についての祝祷

タルムードと神道(71):果物のジュースと野菜のゆで汁

タルムードと神道(72):中心となる食べ物と従属する食べ物

1 個のコメント

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    食べ物の重要性、嗜好、順番でその人のレベルを計るというのは面白いです。
    日本でも食事の作法で人を観ることがあります。思考は行動に表れるという事ですね。

  • コメントを残す