タルムードと神道(71):果物のジュースと野菜のゆで汁

通常、果物や野菜を液体に変えると特別な個性と重要性が失われます。

このため、ジュースのための祝祷はシェアコールとなります。

しかし、ジュースやピューレにすることが、その食べ物の通常の食べ方であるのであれば、その液体が元々の食べ物と同じ重要性を持ちます。

たとえば、オリーブオイルについての祝祷はボレ・プリ・ハエッツです。

ごくわずかな食べ物は、加工することで重要性が高まり、祝祷が格上げされます。

ブドウを食べる時には、果物一般についての祝祷であるボレ・プリ・ハエッツを唱えますが、これがワインやブドウジュースになると特別な祝祷であるボレ・プリ・ハゲフェンを唱えます。

普通の小麦を食べる時にはボレ・プリ・ハアダマですが、焼かれた食べ物についてはボレ・ミネ・メゾノットとなり、パンの場合はハモツィ・レヘム・ミン・ハアレツとなります。

昔の人たちは、世の中にあるものを四段階に分けました。

自然界は、動物、野菜、無機物、そしてそれらの上に位置する人間に分けられました。

この分け方が、今回のテーマを理解するためにどのように役に立つのか見てみましょう。

世の中にあるものの不思議は、果物や野菜の自然のままの姿に明らかに表れています。

驚嘆するほど複雑なリンゴの構造は、命あるものの信じられないような複雑さと調和を反映しています。

このレベルには、プリ・ハアダマとプリ・ハエッツの祝祷が関係しています。

果物の特筆すべき構造を壊していくと、これはあたかも野菜を無機物に変えるようなものとなります。

自然な命の力はもはや自明ではなくなり、祝祷はシェアコールに格下げされます。

これは例えば水に対する祝祷と同じです。

しかし、時には果物を加工することが逆の効果を生みます。

「食べ物についての祝祷」で、パンとワインが人間の特徴的な食べ物であることを説明しました。

本日の課題

1:今回の学びで感じたことをシェアしてください。


これまでの「タルムードと神道」の学び

タルムードと神道(1):日ユ同祖論(1)

タルムードと神道(2):日ユ同祖論(2)

タルムードと神道(3):日ユ同祖論(3)

タルムードと神道(4):日ユ同祖論(4)

タルムードと神道(5):日ユ同祖論(5)

タルムードと神道(6):日ユ同祖論(6)

タルムードと神道(7):祈りについて

タルムードと神道(8):朝の目覚め

タルムードと神道(9):朝の目覚め(日本編)

タルムードと神道(10):手を洗い清める

タルムードと神道(11):手を洗い清める(禊)日本人編

タルムードと神道(12):礼儀正しい装い

タルムードと神道(13):礼儀正しさ(日本編)

タルムードと神道(14):排泄行為

タルムードと神道(15):排泄行為(日本編)

タルムードと神道(16):祈りの清浄な場所

タルムードと神道(17):祈りの清浄な場所〈日本編)

タルムードと神道(18):祝祷の掟

タルムードと神道(19):祝祷の掟(日本編)

タルムードと神道(20):朝の祝祷

タルムードと神道(21):朝の祝祷(日本編)

タルムードと神道(22):朝の祈り前の制限事項

タルムードと神道(23):夙起夜寐(シュクキヤビ)

タルムードと神道(24):ツィツィート

タルムードと神道(25):テフィリン(前半)

タルムードと神道(26):テフィリン(後半)

タルムードと神道(27):メズザ

タルムードと神道(28):祈りの準備

タルムードと神道(29):ベイト・クネセトの聖性

タルムードと神道(30):ペスーケイ・デズィムラ(祈りの儀式を始める詩編)

タルムードと神道(31):ミニヤンと先唱者

タルムードと神道(32):シェマーとその祈りを中断すること

タルムードと神道(33):シェマーの詠唱(えいしょう)

タルムードと神道(34):テフィラー

タルムードと神道(35):アミダーの祈りへの追加

タルムードと神道(36):先唱者によるアミダーの復唱

タルムードと神道(37):埋め合わせの祈り

タルムードと神道(38):タファナン(懺悔の祈り)

タルムードと神道(39):週日のトーラー朗読

タルムードと神道(40):完全なトーラーの巻物を書くこと

タルムードと神道(41):ケドゥーシャ・ディシドラとアレイヌ

タルムードと神道(42):会葬者のカディシュ

タルムードと神道(43):トーラーを学ぶことについての法

タルムードと神道(44):☆神道と儒教

タルムードと神道(45):トーラーの巻物を書くこと、トーラーの本を得ること

タルムードと神道(46):正しい行い

タルムードと神道(47):否定的な発言を避けること

タルムードと神道(48):天のために行動すること

タルムードと神道(49):正しく体をケアすること

タルムードと神道(50):危険な行い

タルムードと神道(51):喜捨(きしゃ)の法

タルムードと神道(52):ハッラーの法

タルムードと神道(53):肉に塩を振ること

タルムードと神道(54):食事の道具を水に浸すこと

タルムードと神道(55):非ユダヤ人が整えた食べ物

タルムードと神道(56):食事の前に食べること

タルムードと神道(57):☆儒教と神道を合体させた理由

タルムードと神道(58):パンを食べるために手を洗うこと

タルムードと神道(59):パンをちぎること

タルムードと神道(60):食事の間の振る舞い

タルムードと神道(61):食事中に祝祷を必要とする食べ物

タルムードと神道(62):食後の祈り

タルムードと神道(63):ツィムーン

タルムードと神道(64):禁止された食べ物

タルムードと神道(65):非ユダヤ人のワイン

タルムードと神道(66):焼かれた食べ物についての祝祷

タルムードと神道(67):ワインについての祝祷

タルムードと神道(68):食事の前の祝祷

タルムードと神道(69):結びの祝祷

タルムードと神道(70):食べ物についての祝祷

1 個のコメント

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    生命維持で一重要な「食べ物」に対しての祝祷が複雑なのは当然ですね。真っ直ぐに感謝する為に良く考えなければいけませんね。

  • コメントを残す