タルムードと神道(93):シャバットの明かり

日没の少し前、シャバットのロウソクに明かりを灯さなければならない。

このミツバは理想的には妻によって満たされるべきである。

シャバットのロウソクに火を灯すことは、ユダヤ人の習慣の中で最も有名で、よく見られるもののひとつです。

基本的な目的は、よく照らされた場所で食事をすることで、シャバットに楽しみを加えることです。

「シャバットの聖性」で扱った、神の輝きを吸収するというテーマとの繋がりは明らかです。

 

仕事を終えてロウソクに火を灯す

シャバットの義務と禁止事項は日が落ちることによって導入されます。

しかし私たちは、日没の少し前であってもシャバットの義務を始めることができますし、むしろ義務でさえあります。

そして、シャバットのロウソクに火を灯すことは、シャバットを迎えるための習慣的なやり方の一つです。

この追加的な時間はトセフェ・シャバットとして知られており、ケドゥシャーには多少劣るものの、シャバット自体に聖性を加えるものです。

シャバットの最初と最後に数分を加える義務は、「汚れたものから聖なるものに加える」という一般的な義務の一部です。

しかし、汚れたものを聖別するという能力には、ケドゥシャーを拡大することはできるが創り出すことはできないという、非常に重要な条件が付いています。

誰も、普通の平日を聖なる日に変えることはできず、荒れ果てた地を聖なる地に変えることもできないのです。

しかし、一度神によって聖なるものが創り出されたならば、私たちはこれを拡大することができます。

シャバットの聖性は早く始まり、遅く終わることができます。

イスラエルの地の聖性はそれが正しく実現されたならば、近隣の土地まで広がることができるでしょう。

この制限は「汚れたものから聖なるものに加える」という表現ですでに示されています。

つまり、私たちはすでに存在するものに聖性を加えるのです。

 

夫婦の調和

タルムードではシャバットの項で、シャバットのロウソクに特別な重要性を見出していますが、これはこのロウソクが家庭内の調和(シャローム・バイト)に貢献するものだからです。

シャバットの日、特にシャバットの食卓は、家族の絆を作り出す、取り分け夫婦の間の絆を作り出す特異な力を持つと考えられてきました。

シャバットにおける多くの習慣がこのシャバットの夜の特別な側面を証明しています。

1.(少なくとも)二本のシャバットのロウソクに火を灯す習慣。二本のロウソクはとりわけ、男性と女性、夫と妻を象徴しています。

2.夫がシャバットのロウソクを準備し、妻が火を灯す習慣。家の中の物質的な条件を整える責任を持つのは夫ですが、夫と妻両方の精神的な炎を燃え立たせるのは妻なのです。賢人たちは、妻を持たずに生きることはトーラーを持たずに生きることに等しいと教えています。

3.この後、キドゥーシュの始めに夫はシャバットのロウソクを見なくてはなりませんが、このことによって夫は、自分がシャバットの聖性を放出することができるのは妻の努力のおかげであることを思い出します。

4.シャバットの食事の前にはエシェット・ハイルを歌う習慣があります。これは聖書にある、ユダヤ人の家庭のバックボーンである妻、母を「勇敢なる女性」として称える一節です。この後、夫と妻はそれぞれ子供たち一人一人を祝福します。

5.シャバットの夜には夫と妻がそれぞれ自分の時間を作ることがミツバとされています。

シャバットの明かりと家庭内の調和の関係に言及した直後に、タルムードではこのミツバが子供たちのトーラーの学びに特別な祝福をもたらすと言っています。

美しいシャバットの明かりを灯すことを習慣とする人は、息子にトーラー学者を持つというものです。

これが同時に言われているということは、子供たちのトーラーの学びにとって両親の間にある愛情と理解が重要な役割を果たすことを示唆しているのかもしれません。

逆に、夫と妻が生まれた時のトーラーの光への信仰によって結びついているのであれば、彼らの関係自体の光もまた明々と輝くことでしょう。

 

「思い出すこと」と「覚えておくこと」

二本のロウソクのもう一つの象徴的意味は、「思い出すこと」と「覚えておくこと」というシャバットの義務の二つの側面に対応しています。

シャバットの義務は十戒の一つです。

十戒はトーラーの中で二度言及されています。

十戒が伝えられた時(出エジプト記20章)と、モーセが荒れ野での滞在を最後に総括する時(申命記5章)です。

この二箇所でのシャバットの戒律の表現は異なっています。

出エジプト記においては、トーラーは安息日を聖とすることを「思い出す」ように言っています。

申命記におけるミツバは安息日を「覚えておき」、注意することを言っています。

タルムードは、一つの主の命令がこの二つの表現を包括すると説明しています。

これは、「思い出す」ことと「覚えておく」ことというシャバットの二つの側面が両方とも不可欠であることを示唆しています。

一般的に、シャバットは「対」の日です。

二本のロウソクは思い出すことと覚えておくことを象徴します。

ふた塊のパンが毎回の食事に必要です。

シャバットは天地創造の記念であり、エクソダスの記念でもあります(いずれも金曜日の夜のキドゥーシュで言及されます)、などなどです。

このように対が強調されていることのもっともシンプルな理解は、シャバットの存在自体が労働と休息にバランスをもたらし、世界にバランスをもたらすものであるということです。

しかし、この組み合わせはまた、シャバット自体に二つの性質があることを示唆しています。

ザハーとシャモアの関係を理解する方法の一つは次のようなものです。

「思い出すこと」は過去に関わることであり、「注意すること」は将来に関わることである。

注意すること、何かを守ることとは、将来それが起こり得る不運な出来事を防ぐことです。

さらに言えば、ヘブライ語のシャモアには、「注意する」と同じく「予測する」という意味があります。

ですから、シャバットを「思い出す」ことは、記念としてのシャバットに関係しています。

つまり、過去の重要な出来事である、天地創造とエクソダスの記念です。

シャバットを「覚えておく」ことは、将来の予測としてのシャバットに関係しています。

つまり、シャバットの食後の祈りで「全てがシャバットである世界」と言うように、完全な世界への予測です。

 

本日の課題

1:今回の学びで感じたことをシェアしてください。


これまでの「タルムードと神道」の学び

タルムードと神道(1):日ユ同祖論(1)

タルムードと神道(2):日ユ同祖論(2)

タルムードと神道(3):日ユ同祖論(3)

タルムードと神道(4):日ユ同祖論(4)

タルムードと神道(5):日ユ同祖論(5)

タルムードと神道(6):日ユ同祖論(6)

タルムードと神道(7):祈りについて

タルムードと神道(8):朝の目覚め

タルムードと神道(9):朝の目覚め(日本編)

タルムードと神道(10):手を洗い清める

タルムードと神道(11):手を洗い清める(禊)日本人編

タルムードと神道(12):礼儀正しい装い

タルムードと神道(13):礼儀正しさ(日本編)

タルムードと神道(14):排泄行為

タルムードと神道(15):排泄行為(日本編)

タルムードと神道(16):祈りの清浄な場所

タルムードと神道(17):祈りの清浄な場所〈日本編)

タルムードと神道(18):祝祷の掟

タルムードと神道(19):祝祷の掟(日本編)

タルムードと神道(20):朝の祝祷

タルムードと神道(21):朝の祝祷(日本編)

タルムードと神道(22):朝の祈り前の制限事項

タルムードと神道(23):夙起夜寐(シュクキヤビ)

タルムードと神道(24):ツィツィート

タルムードと神道(25):テフィリン(前半)

タルムードと神道(26):テフィリン(後半)

タルムードと神道(27):メズザ

タルムードと神道(28):祈りの準備

タルムードと神道(29):ベイト・クネセトの聖性

タルムードと神道(30):ペスーケイ・デズィムラ(祈りの儀式を始める詩編)

タルムードと神道(31):ミニヤンと先唱者

タルムードと神道(32):シェマーとその祈りを中断すること

タルムードと神道(33):シェマーの詠唱(えいしょう)

タルムードと神道(34):テフィラー

タルムードと神道(35):アミダーの祈りへの追加

タルムードと神道(36):先唱者によるアミダーの復唱

タルムードと神道(37):埋め合わせの祈り

タルムードと神道(38):タファナン(懺悔の祈り)

タルムードと神道(39):週日のトーラー朗読

タルムードと神道(40):完全なトーラーの巻物を書くこと

タルムードと神道(41):ケドゥーシャ・ディシドラとアレイヌ

タルムードと神道(42):会葬者のカディシュ

タルムードと神道(43):トーラーを学ぶことについての法

タルムードと神道(44):☆神道と儒教

タルムードと神道(45):トーラーの巻物を書くこと、トーラーの本を得ること

タルムードと神道(46):正しい行い

タルムードと神道(47):否定的な発言を避けること

タルムードと神道(48):天のために行動すること

タルムードと神道(49):正しく体をケアすること

タルムードと神道(50):危険な行い

タルムードと神道(51):喜捨(きしゃ)の法

タルムードと神道(52):ハッラーの法

タルムードと神道(53):肉に塩を振ること

タルムードと神道(54):食事の道具を水に浸すこと

タルムードと神道(55):非ユダヤ人が整えた食べ物

タルムードと神道(56):食事の前に食べること

タルムードと神道(57):☆儒教と神道を合体させた理由

タルムードと神道(58):パンを食べるために手を洗うこと

タルムードと神道(59):パンをちぎること

タルムードと神道(60):食事の間の振る舞い

タルムードと神道(61):食事中に祝祷を必要とする食べ物

タルムードと神道(62):食後の祈り

タルムードと神道(63):ツィムーン

タルムードと神道(64):禁止された食べ物

タルムードと神道(65):非ユダヤ人のワイン

タルムードと神道(66):焼かれた食べ物についての祝祷

タルムードと神道(67):ワインについての祝祷

タルムードと神道(68):食事の前の祝祷

タルムードと神道(69):結びの祝祷

タルムードと神道(70):食べ物についての祝祷

タルムードと神道(71):果物のジュースと野菜のゆで汁

タルムードと神道(72):中心となる食べ物と従属する食べ物

タルムードと神道(73):食べる前の祝祷の順番

タルムードと神道(74):正しく唱えられなかった祝祷

タルムードと神道(75):追加の料理についての祝祷

タルムードと神道(76):香りについての祝祷

タルムードと神道(77):喜びと悲しみについての祝祷

タルムードと神道(78):自然の驚異についての祝祷

タルムードと神道(79):特別な助けに対する感謝とその助けを求めること

タルムードと神道(80):商売の上での公平な取引

タルムードと神道(81):圧迫的な言葉と他人を欺くこと

タルムードと神道(82):禁じられた食べ物を事業で扱うこと

タルムードと神道(83):禁じられた金利についての法

タルムードと神道(84):融資におけるパートナーシップ上の許容

タルムードと神道(85):誓約と誓い

タルムードと神道(86):旅行者の祈り

タルムードと神道(87):午後の祈り

タルムードと神道(88):夜の祈り

タルムードと神道(89):夜の行い

タルムードと神道(90):シャバットの聖性

タルムードと神道(91):シャバットに非ユダヤ人によって為された仕事

タルムードと神道(92):シャバットの前に船に乗ること

コメントを残す