お金の暗号:(10)投資(前半)

その手にお金を強く握り掲げなさい(タナハ)

手にしたお金は常に手渡す準備をしておくべきです。

自分の富は常に3つに分けなさい。

1つは土地に、1つは商業に、1つは手渡す準備のために。

タルムードは「手にしたお金は常に手渡す準備をしておくべきである」と教えています。

つまり、あなたは常に投資できるお金を持っておくべきだということです。

もし、それがあなたの所有物の幾つかを売り払わなければならなかったとしてもです。

リサ・ケイスターの研究によると、ユダヤ人は人生の初期の頃から、持ち家を買うための投資よりも、株や債券などのハイリスク・ハイリターンの金融資産に投資を行い、素早くお金持ちになっていることを発見しました。

金融資産は高いリターンを産み出す傾向があり、それは資産形成に大きな役割を担います。

ユダヤ人の33%がこの資産形成の道を辿る一方で、主流派プロテスタントは7%、カトリックは3%、保守派プロテスタントにいたっては0%しか、この資産形成法の道に従いません。

保守派プロテスタントの中には、神を信仰することは投資を減らす傾向にあるという信仰があります。

ユダヤ人銀行家のエドモンド・サフラは、「もし、あなたが種を撒かなければ、どのようにして収穫をするのですか」と言っています。

聖職者ジョエル・オステーンは、「もし、あなたが経済的な祝福を受けたいなら、経済的な種を撒かなければなりません」と述べています。

リサ・ケイスターの研究では、金融商品への投資の習慣がユダヤ人が世界の人々の中で金銭的アドバンテージを得ていると示唆しています。

定期預金のような比較的安全な投資とは対照的に、ハイリスク・ハイリターンの金融資産に投資することは、人生トータルでみた資産形成を考えた時に、劇的な効果を与えることができます。

資産を蓄える旅路において、出来る限り節約し、浪費することを我慢しなければならない時期もあります。

タナハでは「快楽を愛する人は貧乏になり、ぶどう酒や贅沢品を愛する人は決してお金持ちになれない」と言っています。

つまり、一生懸命に働き、暫くの間は節約しないさいというものです。

一度、大量のお金が貯れば、それらを金融資産に投資することが出来ます。

賢い投資は高いリターンをもたらし、望んだライフスタイルの実現を助けます。

ユダヤ人のヘッジファンドマネージャーであるデイビッド・アインホーンが、「1ペニーを守ることの方が、1ポンドを稼ぐよりも重要だ」と話しているのはそのためです。

消費主義は非常に大きな問題となっています。

人々は消費しまくる一方で、ほとんどお金を守りません。

タナハには「知恵ある者の住まには豊かで高級品を持つ一方、愚か者は彼が手にした全てを浪費する」とあります。

一度個人がお金を守り、投資に成功すれば、彼の投資からのリターンは、彼が望んだライフスタイルを実現させます。

それから働き続けるのか、もしくは本当の目標を追求する人生を歩み、そして慈善活動をすることの選択肢も利用可能になります。

私たちはまた、将来生まれてくるであろう、ニーズのためにも、お金を守っておく必要があります。

これは富を抱え込むというものではなく、将来のための賢い展望を創り出すものです。

神やヨセフに未来に備えて蓄えることを命じました。

あなたは未来の世代のために投資することを望むでしょう。
あなたの子どもたちのために、お金の木を植えるのです。

タルムードには、イナゴマメの木を植える男を見つけた賢者の物語があります。

「この木が実を結ぶのに、どれくらいの時間がかかりますか」と賢者は彼に尋ねました。

「70年です」と、彼は答えました。

そして賢者はさらに尋ねます。

「あなたはそんなに健康な人なのですか。そんなに生きて、その実がなるのを待てるほどに」

彼は答えました。

「私は豊かな世界を見つけました。なぜなら私の祖先がその種を私のために植えてくれたからです。これと同じように、私も子供のために植えるのです」

お金を守ることは、種を植えることにも例えることができます。

育つのには時間がかかりますが、それはお金持ちになれる豊かな収穫をもたらしてくれるでしょう。

タナハには「コツコツと貯めた財は確実に増えていく」

「そして、もしあなたが小さなところから始めたとしても、あなたの将来は強調し過ぎることができないほどの、とても素晴らしいものになるだろう」とあります。

トーセフタは「小さなコインも集めれば大きな金額になる」と教えています。

 

 

HISAと呼ばれる高利子口座は、将来の投資のために資金を守るのに役立ちます。

HISAは一般的な銀行口座に預金をするよりも、高い利子を提示してくれます。

オンライン専用のHISAは、最高の利率を提示してくれます。

それらはデビットカードの利用や小切手を持たないので、資金を簡単に引き出すことを防ぎ、お金を守ることに貢献します。

HISA口座にお金が貯まりだすと、多くの場合、彼は上手く運用し、大きなリターン、あるいは、安定したパッシブインカムを生み出し、あなたが得たい人生を送ることを助けてくれます。

これは大変シンプルな富の戦略ではありますが、多くの人々は、浪費する習慣を控える自己管理能力を持っていません。

多くの人は、実際には買う余裕がないものを、クレジットカードで買えることに慣れてきました。

すると、彼らはその購入した額を返済するために、自分たちの貴重な時間を働くことに費やさなければならなくなります。

 

ユダヤの戒律に関する本の著者であるホフェツ・ハイムは、このように書いています。

タイムイズマネーというが、私は、お金は時間であると言いたい。全ての贅沢品は、あなたの人生の貴重な時間というコストがかかっている

あなたが購入しいと思う全ての物の購入は、本当にそれを購入する経済的余裕ができるまでの間は控えなければなりません。

613のミツバのうちの1つに「あなたの視界が捉えるものや、心の衝動的な欲求に従ってはならない」と書いてあります。

敬虔なユダヤ人は、債権者に仕えることがないように戒律で守られています。

613あるミツバのしてはならない戒律の1つに、「利息付きで借りてはならない」というものがあります。

「賢くない借りる行為は、あなたの立場を奴隷に追いやる」とあります。

賢くない友達選びや、借金でしか維持できない身の丈に合わないライフスタイルによってたくさんお金が失われています。

 

タナハは次のように語っています。

大酒飲みや必要以上にご飯を食べる者になってはならない。

大酒飲みも、大食い野郎も、貧乏になる運命にあるからだ。

眠気や怠け心が、彼らにぼろい服を着させることになる。

 

タナハに書かれている最も大切な経済面における注意喚起の1つは、誰かの保証人になることです。

隣人のために借金の保証に手を貸す人間は、良識が欠如している

保証人になるということは、他人の借金の責任を負うことです。

もし、保証金額が想定外であったり、無制限の金額である場合には、とくにこの原則が当て嵌まります。

タナハが忠告しているように、私たちは他人のための借金を肩代わりできるほどのリソースを持つ立場ではありません。

他人の借金を保証し、誓約を与えるものになってはならない。

もしあなたが支払うことができるものがなければ、あなたが寝ているベッドを取り上げることになるだろう。

 

タナハはこう述べています。

思慮の浅い人は、全ての言葉も信じるが、思慮深い人は、自分の行いを見極める。

思慮深い計画が導く先は、豊かな富しかない。

事前の調査や熟慮なしに、焦って投資を決して行わないようにしてください。

 

タナハには次のように書かれています。

熟慮なしには、計画は悪い方向へ行く。

急いで焦ってお金持ちになろうとする人が罰を受けたり、牢獄に入らないことはないだろう。

強欲は富を追い散らす。

そして彼らは、強欲が彼を追い越し、彼以上の存在になることを知らない。

目的地に焦っている人は、ただの願望に終わる

しかしながら、同時に良いチャンスに投資することを止めないで下さい。

風が止むのを伺い続けているものは、永久に種を撒かないであろう。

雨雲をみ続けているものは永久に穫り入れることはないだろう。

投資先の最終決断をする前に、できるだけ多くの投資アドバイザーと相談することを忘れないで下さい。

タナハは「熟慮が少ないと計画は失敗する。しかし多くの助言者の助言があれば成功する」と教えています。

あなた自身の判断を信頼するのは賢明ではありません。

自分に頼るのは愚かであるが、神とともに生きる者は自由になる。

多くの人が間違った金融資産への投資を行います。

理由は、自分の判断やプライドに基づいて投資先を決定するからです。

タナハは注意します「過去の成功体験からの過信は破滅に先立ち、高慢は失敗に先立つ」

「破滅前の人々の心は傲慢である」

タナハは、大変賢い投資の助言を与えています。

投資先をたくさんの場所に分散させなさい。あなたには、そこに横たわるリスクがどのようなものかを知らないのだから。

あなたが得たものは、7分割あるいは8分割に分けなさい。

これは、簡単に言えば、分散投資です。

7種類から8種類に投資をするというのが賢明だということです。

次の「後半」では、様々な投資の種類を説明していきます。

 

本日の課題

1:今回の学びで感じたことをシェアしてください。


これまでの「お金の暗号」の学び

お金の暗号:(1)コードが隠されている場所

お金の暗号:(2)『旧約聖書』に従うことで豊かな人生が築ける

お金の暗号:(3)宗教が資産構築に影響を与える

お金の暗号:(4)知性(前半)

お金の暗号:(5)知性(後半)

お金の暗号:(6)伝統(前半)

お金の暗号:(7)伝統(後半)

お金の暗号:(8)仕事〈志事〉(前半)

お金の暗号:(9)仕事〈志事〉(後半)

3 件のコメント

  • zipang044kwsk@au.com より:

    投資についてたくさんの示唆があり、
    非常にタメになります。
     
    一番大切なことは、信頼できる人を
    見つけることと、見つけられるように
    日頃から自分が信頼ある人物に
    なることだと思いました。
     
    投資の知識は全くもってありませんので
    勉強になります。
     
    投資の学習の機会を与えていただき、
    ありがとうございます。

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    「思慮の浅い人は、全ての言葉も信じるが、思慮深い人は、自分の行いを見極める」という言葉が私の頭に刺さりました。全ての言葉を信じる側で生きてゆくと痛い目を見ます。素直だからねと人には言われましたが、ただの馬鹿です。自分の行いを見極めて行きます。

  • scorpiorising81@gmail.com より:

    いつもお世話になります。上記記載のHISA口座ですが、オーストラリア国民しか、口座開設出来ないみたいですね…

  • コメントを残す