お金の暗号:(8)仕事〈志事〉(前半)

『銀は私のものであり、そして金も私のものである』と主は宣う
タナハ

裕福である者は神の慈悲を祈りましょう
タルムード

人は裕福になるために何をするべきかということがタルムードでは議論されています。

タルムードでは「ビジネスに深くコミットし、誠実に取引を行いなさい」と書かれています。

タナハでは、「思慮深いものが、ルールを創る者となり、怠け者は強制労働者となる」と書かれています。

ほどんどのユダヤ人は自分のために働き、従業員として働くのではなく、従業員を雇う側に回ります。

ユダヤ人は一般的に、商品開発者、創業者、IT起業家、トレーダー、エンジェル投資家、不動産投資家、不動産開発者、ホテルやカジノオーナー、映画制作者、新聞や雑誌の出版社などで見つけることができます。

一方で、ユダヤ民族でない人々のほとんどは、会社を起こしたり、発明したり、投資家となったりすることにチャレンジすることなく従業員や肉体労働者として働きます。

ユダヤ人のジャーナリストであるセオノア・ハズールは、次のように述べています。

ユダヤ人は実のところ、長い間、最も独創的な起業家でした。
ビジネスベースで構築したことがなかったのは、私たち自身の未来だけでした。

ユダヤ人の大多数は会社の創設者であり、CEOです。

ユダヤ人はアイデアを作り、その後、そのアイデアを実現させるためにデザイナーや建築家、プログラマーなどのスキルをしっかり持った人を雇います。そして会社が成長するにつれて更に多くの人を雇います。

タルムードでは、これら全て仕える人を創った人は祝福されている、とあります。

ドイツの政治家ユリウス・ストライヒャーは『ユダヤ人が働かないのは公然の秘密である。むしろ他の人たちを自身のために働かせている』と述べています。

タルムードには次のように書かれています。

アダムはパンを手にし、その口に入れるまでの労働はどれだけ大変だったことだろうか!

耕し、蒔き、刈り取り、束ね、脱穀し、選別し、それらを挽き、ふるいにかけ、そして小麦粉をこねて、焼いて、そしてようやく口に入れることができました。

一方、私は朝起きれば、これらの労働が全て私のために完了されているものを手に取ることができます。

アダムが服を着るまでにしなければいけなかった労働はどれだけ多かったことであろうか!

彼は毛を刈り、洗って、とかし、紡ぎ、そしてそれを織らなければなりませんでした。

そしてようやくアダムは着るための衣服を手に入れたのです。

一方、私は朝起きてこれらの労働が全て私のために完了されているものを手に取ることができます。

あらゆる技能を持つ職人が、朝早くから私の家の玄関にやってきます。

そして、私は朝起きて、私の目の前に並ぶ人々を見るのです。

たくさんのユダヤ人が、世界で最大級かつ、最も成功している企業のいくつかを所有しています。

ユダヤ人が所有している、または設立した会社の例としては、Google、facebook、ウィキペディア、e-bay、オラクル、マイクロソフト、デル、ゴールドマンサックス、ニューヨークタイムズ、ダイアンフォンファステンバーグ、カルバンクライン、ラルフローレン、リーバイス、シアーズ、スターバックス、コロンビアピクチャーズ、20世紀フォックス、ディズニー、パラマウントピクチャーズ、ワーナーブラザーズスタジオ、バイアコム、ミラマックス、ドリームワークス、CBS、ユニバーサルピクチャーズ、フォックスフィルムコーポレーション、ビビットエンターテーメント、HBO、ギャップ、ブルームバーグ、コストコ、インテル…などです。

ユダヤ人は人間は消費者ではなく、クリエイター、つまり創造主であると信じています。

ユダヤ教は「人はGODをモデルとして創造された」という一節を、GODは世界を創り、そして人間は地上に住む創造主としてお創りになられたというように解釈しています。

ミドラーシュでは『天地創造の6日間の間で作られたものは、全て改善を要求されている』とあります。

ユダヤ人はこの意味するものは、神は世界を完成していない状態でお残しになられ、人々を創造プロセスのパートナーとして人間をこの世に招待されたと理解しています。

人間の役割は創造とイノベーションを通じてGODの天地創造を改善し、完璧なものにすることなのです。

ミドラーシュ・タンフーマは、ラビ・アキバとトゥルヌス・ルフスの間の論争を引用しています。

トゥルヌス・ルフスは、ラビ・アキバに「人間の行いとGODの活動、果たしてどちらがより偉大なのか?」と尋ねました。

ラビ・アキバは「人間の活動の方が偉大である」と答えました。

トゥルヌス・ルフスは「天国と地球を創造なされたGODの御業と人間を比べることなどできないのではないか」と答えました。

すると、ラビ・アキバは小麦の束とケーキを持ってきて、トゥルヌス・ルフスにこう言います。

「この小麦の束はGODがお創りになりました。一方これらのケーキは人間によって作られています。」

ラビ曰く、人間は天地から育った小麦をそのまま食べるようには作られておらず、むしろそれを加工し、より洗練させることで完璧な創作物になる。それが人間の役割なのだと説明しています。

ラビ・アキバはそれから「なぜ、子供は母親がそれを切るまでヘソの緒で繋がっている状態でこの世に生まれるのですか?」と聞きました。

ラビ・アキバはトゥルヌス・ルフスに、自然のもの、神によって創造されたものは、必ずしも完璧ではないことを理解させようと試みました。

ユダヤ教は自然界の世界をそのまま完璧なものとして捉えることをしません。

神から授かった物質を受け取り、そしてそれらを改善することが人間の役割だと考えています。

世界には不完全さがあります。そして私たちは世界を完璧にする必要があるのです。

成功しているユダヤ人は,、困難な時にも継続的に物事に取り組み続け、失敗を自分たちの進む道を停止させることを許しません。

大成した実業家 W・クレメントストーンはこのように言っています。
『成功は挑戦し努力し続ける人々によって、達成され維持される』

素晴らしいことを成し遂げた人々の最初の経験は数多くの失敗であるとことは疑いようもありません。

電球を作ろうとした時、トーマス・エジソンは1000回以上失敗しました。

この失敗についてエジゾンが尋ねられた時、彼は、「私は失敗していません。しかし、電球を作らない方法を1000個発見しました」と答えたそうです。

彼は定期的な失敗から、電球を作る方法を学びました。

マルコム・フォーブスは、『失敗はそこから学べば成功である』と述べました。

継続的な失敗は最終的には成功に導きます。

アメリカ大統領のジョン・F・ケネディはこのように言っています。
『惨めに失敗することを許容することができる人が偉業を成し遂げることができる』

ユダヤ系アメリカ人のレオナルド・バーンスタインは次のように言っています。
『偉業を達成するためには2つのことが必要です。計画と十分な時間がないことです。』

あなたは目標を達成するための計画を立てなければなりません。
目標を達成するには計画を立てる必要があります。また時間を賢く使わなければなりません。

あなたの目標を達成させるためのアクションプランをノートに書き出しましょう。そしてそれを行動に移しましょう。

ユダヤ人は大変忍耐強いことで知られています。そしてその資質こそが彼らの目標達成を大いに手助けているのです。

忍耐強いとは、「困難や障害、落胆があったとしても継続的な行動を取り続ける資質」のことを指します。

あなたが目標を追求するのであれば、どんな時であれ完璧に集中するべきです。

これは、中断や邪魔が入らないようにすることを指します。

1時間、何の中断や邪魔なしに集中して取り組む方が、邪魔や中断を経験しながら2時間取り組むよりも遥かに効果があります。

中断は思考やアイデアの構築を壊します。

あなたが集中して取り組もうと考えている活動を中断されることがないように一定の時間をそれ専用に確保しましょう。

18世紀の偉大なユダヤ人学者であるヴィルナ・ガオンは、「最初の3時間59分はカマドに石炭や燃料を入れる時間であり、4時間目で鍋は沸騰する。もしあなたが、例え数分間だけであっても、火から鍋を外せば、また最初から全てやり直さなければなりません。」と述べています。

ユダヤの人々は忍耐強いことに加えて、不当な扱いや支配を恐れない資質があります。

『虐げは賢い人を愚か者に変えてしまうことがあり、賄賂は心を滅ぼすことがある。』

ユダヤの人々はどのような虐げや批判があっても、目標に向けて動きます。

彼らは多大な苦痛や痛みを伴う目標達成の方が、苦痛を離れるために諦めることよりもマシだと考えています。

タナハには、『知恵ある者の心は、人の死を心に留める喪中の家にあり、愚かな者の心は愉快な家の中にある』と書かれています。

幸福は、喜びや満足から生まれる産物ではありません。それよりも目標到達への努力から生まれます。

幸せは、人生の目標を現実化させることへ向かう努力の要素によって定義することができます。

私たちのこの世界に生まれてきた意味は、断固となる達成に向けての一生懸命な取り組みであることを正確に理解した時、私たちは幸せを経験するでしょう。

 

本日の課題

1:今回の学びで感じたことをシェアしてください。


これまでの「お金の暗号」の学び

お金の暗号:(1)コードが隠されている場所

お金の暗号:(2)『旧約聖書』に従うことで豊かな人生が築ける

お金の暗号:(3)宗教が資産構築に影響を与える

お金の暗号:(4)知性(前半)

お金の暗号:(5)知性(後半)

お金の暗号:(6)伝統(前半)

お金の暗号:(7)伝統(後半)

2 件のコメント

  • kyorintomo@yahoo.co.jp より:

    いつか訪れるであろう幸運を待っているだけの人に成功は難しいと思います。計画し、努力し、集中する。神から授かった物質を受け取り、そしてそれらを改善することが人間の役割なのですね。それを自分がやれているのか?と問われるとやれていない。これからも努力します。

  • 伊藤 より:

    「偉業を達成するためには・・・計画と十分な時間がないことです」は、とても腑に落ちました。
    正にご指導頂いている通り、行動しながら考える、ですね。

  • コメントを残す